岡本帰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡本帰一

岡本帰一(おかもと きいち、1888年6月12日 - 1930年12月29日)は、童画家

来歴・人物[編集]

兵庫県洲本市新聞社勤務の父・岡本甚吉と母・もとの長男として生まれ、東京で育った。東京市立第一中学校卒業。白馬会洋画研究所で油絵を学ぶ。1912年岸田劉生木村荘八らによって設立されたフュウザン会に創設メンバーとして参加。

その後、童話雑誌「金の船(のちに「金の星」に改題)」、「コドモノクニ」に挿絵を描き始めた。

1930年12月、腸チフスにより死去。

弟子にまつやまふみお岩岡とも枝川島はるよらがいる。

外部リンク[編集]