清水潔 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 潔(しみず きよし、1958年 - )は東京都出身のジャーナリスト

経歴[編集]

1958年、東京都生まれ。新潮社の写真週刊誌「FOCUS」編集部を経て、日本テレビ報道局記者・解説委員。週刊誌時代は事件専門記者として、日本全国で起きる事件を取材。「FOCUS」休刊後、日本テレビへ移籍する[1]

1999年の「FOCUS」記者時代に、埼玉県桶川市桶川駅前で起きた『桶川ストーカー殺人事件』では、警察より先に容疑者を割り出し、上尾警察署による被害者告訴もみ消しもスクープした[2]埼玉県警察の捜査より先に実行犯を特定し、警察に通告した。後の大量の処分者を出すことになった、埼玉県警の警察不祥事隠しも暴いた[3]写真週刊誌「FOCUS」で独自に容疑者を突き止め、調査報道と県警の告訴もみ消し疑惑をスクープ。報道被害にも遭った被害者の名誉も回復した[4][5][6][7]

2000年、「FOCUS」で埼玉県警不正キャンペーンが行なわれ、鳥越俊太郎も参加し、埼玉県警は不正捜査を認めて謝罪することとなった。その後、遺族が埼玉県警を相手に国家賠償請求訴訟を起こすことになった。改竄に関わった上尾警察署署員3人は懲戒免職になり、後に有罪判決を受け確定した[8][9][10]

2005年日本テレビに移籍した清水は、日本から海外逃亡した日系ブラジル人の強盗殺人犯を追跡し、ブラジルで発見する。犯人はその後、逮捕された[11]

2007年夏より、足利事件を含む北関東連続幼女誘拐殺人事件の取材を再開する。取材過程において、確定していた無期懲役囚は冤罪ではないかと、捜査の矛盾点や謎を継続報道し、DNA再鑑定を行うべきと提起し続ける[12][13]2009年6月に、日本で初めて行われたDNA再鑑定により、不一致だったことが判明、受刑者は釈放された[14][15]

2010年、「文藝春秋」10月1日号から数ヶ月にわたって『私は真犯人を知っている』と題したレポートを開始。2007年の足利事件についての取材で、真犯人と思われる男の目撃者とその目撃証言を掘り起こす。それを根拠に菅家の冤罪報道を行なっていたことを公開する一方で、足利事件の真犯人を特定し捜査当局に伝えている[16][17]

2011年、「文藝春秋」4月1日号『これが真犯人の根拠だ!』で、清水が追い続けてきた男性のDNA型が、足利事件の真犯人のDNA型と一致することを明らかにしている。事件の再鑑定を行なった筑波大学の教授の鑑定結果と完全に一致していたという[18]

2015年日中戦争時の「南京事件」を取材。NNNドキュメント'15「南京事件〜兵士達の遺言」を放送し、インターネット上などで大きな話題となる。その後同番組は「ギャラクシー賞」など合計7つの賞を受賞。翌2016年に著書「『南京事件』を調査せよ」を刊行。

2016年、「文庫X」旋風が巻き起こる。この年の7月、文庫本に手書きのカバーを付けて中身を隠して販売された「文庫X」が社会現象となる。これは盛岡市さわや書店フェザン店が始めた企画で、全国47都道府県の650店以上の書店に拡大[19][20]。販売開始時点では初版3万部だったのが[19][20]、9月から重版がかかりはじめ[21]、12月初旬現在で累計18万部[21]のベストセラーとなった。12月9日にその本の中身が公開されたが清水の著書「殺人犯はそこにいる」だったことで大きな話題となった[21]

人物[編集]

元カメラマンで写真撮影、テレビ番組制作、本の執筆、解説と多様な活動をしている。被害者遺族の信頼を得る取材姿勢を貫き、その心理や感情を世に伝えるような取材と執筆、報道を行っている。朝日新聞の「人」欄によると、どんな現場でも困らないように、いつも山登り用の靴を履いている [22]

鳥越俊太郎との関係[編集]

桶川ストーカー殺人事件の際、清水は被害者の友人への聞き込みからストーカーの事実を知り、その後は張り込みや聞き込みを繰り返し、ストーカーチームを割り出し、警察に情報提供をして犯人は逮捕。更に被害者の告訴状を埼玉県警が取り下げさせようとしていたことも突き止める成果を挙げた[23]。事件解決後には、埼玉県警との格闘があったが、その際に山路徹鳥越俊太郎の出演していたザ・スクープの協力があり、世間にこの事件を周知することに成功した[24]。 その後、鳥越が2016年東京都知事選挙で落選した際に「僕はペンの力なんか全然信用していません」と発言していた[25]ことを知り、鳥越に対して失望したと述べた[26]

批判[編集]

『「平気で嘘をつく人に」ついて調べていたところ、その一つに発達障害があり例として書かれて「アスペルガー症候群自閉症、不注意・多動性・衝動性障害(ADHD)などの症状が代表的です」を「アベガー症候群」と自然に読んでそのまま納得していた俺。』などと障害者を差別して政権を揶揄するツイートしたため[27]、評論家の荻上チキに『政権批判や政治家批判目的なのかは知らない。しかし、インターネットの不正確な情報を参照し、特定の障害への偏見を助長するような書き込みをしないでいただきたい。』と不適切だと注意された[28]。清水は『そんな意図はない。誤解であるが削除する。』と弁明したが[29]、『調査報道をするジャーナリストが、インターネットで見た不正確な情報を鵜呑みにして、障害者に関する偏見を招く発信をしたのは慎重さに欠けている。その点を踏まえても、「誤解」話法はやめたほうが いい』と批判された[30]

受賞歴[編集]

著書[編集]

共著[編集]

その他[編集]

  • 足利事件に関するブログ「日本テレビ ACTION」
  • 清水潔記者が主人公の漫画『VS.(ヴァーサス)-北関東連続幼女誘拐・殺人事件の真実-』が「週刊ヤングジャンプ」に2009年10月21日発売号から連載されている。原作:髙野洋、漫画:橘賢一、監修:日本テレビ報道局「ACTION」取材班
  • 上記連載単行本『VS. ―北関東連続幼女誘拐・殺人事件の真実-』ISBN 978-4-08-782271-7
  • 文藝春秋[2010年10月1日号]菅家さん冤罪足利事件『私は真犯人を知っている』
  • 文藝春秋[2010年11月1日号] 菅家さん冤罪足利事件『真犯人は幼女五人連続誘拐犯』
  • 文藝春秋[2010年12月1日号] 菅家さん冤罪足利事件『検察が隠蔽する「真犯人のDNA」』
  • 文藝春秋[2011年1月1日号] 連続キャンペーン『足利事件、国会で明らかになった重大事実』
  • 文藝春秋[2011年2月1日号] 足利事件キャンペーン・菅家利和の告白『なぜ真犯人が野放しなのか』
  • 文藝春秋[2011年3月1日号] 菅家さん冤罪足利事件『真犯人のDNA型が二つあった!』
  • 文藝春秋[2011年4月1日号] 足利事件キャンペーン・決定的新事実『これが真犯人の根拠だ!』
  • 文藝春秋[2011年5月1日号] 足利事件キャンペーン・『ついに総理と被害者家族が動いた』
  • 文藝春秋[2011年6月1日号] 足利事件キャンペーン・『五つの被害家族が初めて会った日』
  • 新潮45[2011年7月号] 伝えきれなかった「津波の現実」
  • 新潮45[2014年7月号] 「飯塚事件」再審棄却司法は何を隠蔽したのか

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2002年10月28日、日本テレビの『スーパーテレビ 情報最前線・特別版』で同名タイトルでドラマ化され放送された。清水役に椎名桔平、友人役に内藤剛志など。
  2. ^ 2012年9月26日 - 日本テレビの ザ!世界仰天ニュース『桶川女子大生ストーカー殺人事件の真相!警察の大失態』で3回目のドラマ化。清水役に篠原さとし
  3. ^ 岩手県盛岡市の「さわや書店フェザン店」が、ブックカバーでタイトルや著者名を隠して販売するという企画を行って話題となった「文庫X」がこの本である。

出典[編集]

  1. ^ 「殺人犯はそこにいる」著者紹介より(新潮文庫)
  2. ^ 朝日新聞2010年11月5日2P
  3. ^ 毎日新聞2001年8月2日2P
  4. ^ 東京新聞2004年3月26日28P
  5. ^ 桶川ストーカー殺人本文(新潮文庫)
  6. ^ 「報道被害」梓澤和幸著(岩波新書)
  7. ^ 「調査報道がジャーナリズムを変える」花伝社
  8. ^ 桶川ストーカー殺人本文(新潮文庫)
  9. ^ 「報道被害」梓澤和幸著(岩波新書)
  10. ^ 「調査報道がジャーナリズムを変える」花伝社
  11. ^ 日本テレビ特番ACTION
  12. ^ 日本テレビ特番ACTION
  13. ^ 冤罪足利事件「らせんの真実」を追った四〇〇日(下野新聞編集局)
  14. ^ 「調査報道がジャーナリズムを変える」第一部第一章(花伝社)
  15. ^ 冤罪足利事件「らせんの真実」を追った四〇〇日(下野新聞編集局)
  16. ^ 2010年文藝春秋年10月1日号(文藝春秋)
  17. ^ “永田町ディープスロート 反省無き警察が踏みにじる 足利事件菅家利和さんの「心残り」と市民の「不安」”. 現代ビジネス. (2011年1月19日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1973 2013年12月18日閲覧。 
  18. ^ 2011年文藝春秋年4月1日号(文藝春秋)
  19. ^ a b 謎の本「文庫X」ヒット=カバーで書名隠し販売-9日タイトル公表・盛岡の書店、時事ドットコム、2016年12月3日 14:34。
  20. ^ a b 正体明かす 異例の18万部はノンフィクション 岩手から全国へ、毎日新聞2016年12月10日東京朝刊。
  21. ^ a b c 【話題の本】「文庫X」覆面で60部→18万部 『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』、産経ニュース、2016年12月10日 11:03更新。
  22. ^ 朝日新聞2010年11月5日2P
  23. ^ 桶川ストーカー事件、足利事件の真相を突き止めた記者が語る「警察、司法発表に依存しない取材、報道」のススメLITERA 2015年9月15日
  24. ^ しょこたん推薦「遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層」を読んで...『ほぼ日刊 吉田豪』連載112東京breakingnews 2014年1月28日
  25. ^ 「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】ハフィントンポスト 2016年8月11日
  26. ^ 選挙戦ではいつのまにやら氏の単独スクープとなり、次に今回のペンの力発言
  27. ^ https://tsuiran.jp/word/47045/hourly?t=1489795200#
  28. ^ https://twitter.com/torakare/status/842868237649887232
  29. ^ https://twitter.com/NOSUKE0607/status/842887030950436866
  30. ^ [https://twitter.com/torakare/status/842889168552263681
  31. ^ 文庫X 正体は「殺人犯はそこにいる」(新潮文庫) 毎日新聞 2016年12月9日