清水將之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 将之
(しみず まさゆき)
生誕 清水 将之
(しみず まさゆき)
(1934-03-31) 1934年3月31日(84歳)
日本の旗 日本兵庫県芦屋市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
児童精神医学
研究機関 大阪大学
関西国際大学
名古屋市立大学
三重県立看護大学
出身校 大阪大学医学部医学科
医学博士大阪大学1965年
プロジェクト:人物伝

清水 将之(しみず まさゆき、1934年3月31日[1] - )は兵庫県芦屋市生まれの日本医学者精神科医関西国際大学教授医学博士大阪大学1965年[2] [3]

来歴[編集]

1934年兵庫県芦屋市生まれ。1960年大阪大学医学部医学科卒業。1965年大阪大学大学院修了。1965年医学博士(大阪大学)[3]名古屋市立大学医学部精神科助教授を経て、三重県立こども心療センターあすなろ学園園長。2001年関西国際大学教授。後に関西国際大学大学院教授。三重県立看護大学理事[2]

学会[編集]

著書[編集]

  • 家庭内暴力 精神科医のみた子育ての落とし穴』朱鷺書房 1979
  • 『青い鳥症候群 偏差値エリートの末路』弘文堂 1983
  • 『青年期と現代 青年精神医学論集』弘文堂 1990
  • 思春期のこころ』日本放送出版協会NHKブックス 1996
  • 『子ども臨床 二一世紀に向けて』日本評論社 2001
  • 災害の心理 隣に待ち構えている災害とあなたはどう付き合うか』創元社 2006
  • 子どもの精神医学ハンドブック』日本評論社 2008

共編著[編集]

  • 『青年の精神病理』笠原嘉,伊藤克彦共編 弘文堂 1976
  • 『青年期の精神科臨床』編 金剛出版 1981
  • 『青年の精神病理 3』村上靖彦共編 弘文堂 1983
  • 『青年期境界例 理論と治療の実際』森省二共著 金原出版 1984 新臨床医学文庫
  • 『青年期精神衛生事例集』北村陽英共編著 星和書店 1985
  • 『今日の神経症治療』編 金剛出版 1987
  • 『不安の臨床』編 金剛出版 1994
  • 『あすなろの10年 三重県立小児心療センターあすなろ学園10年史』編 三重県立小児心療センターあすなろ学園 1995
  • 『青年期の精神医学』青木省三共編 金剛出版 1995
  • 『学校カウンセリング』井上洋一共責任編集 岩崎学術出版社 2000 思春期青年期ケース研究
  • 『災害と子どものこころ』編著 柳田邦男井出浩田中究集英社新書 2012

翻訳[編集]

  • A.Z.シュヴァルツバーグ編『青年期境界例入門』監訳 岩崎学術出版社 1984

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.371
  2. ^ a b 清水將之 『新訂 子ども臨床』 日本評論社、2009年9月。ISBN 9784535804180 巻末
  3. ^ a b 離人症の疾病学的研究 清水将之”. 国立国会図書館. 2012年10月26日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]