清水安三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜美林大学町田キャンパスにある清水安三の像

清水 安三(しみず やすぞう、1891年6月1日 - 1988年1月17日)は、日本の教育者牧師桜美林学園創立者。元桜美林学園第3代理事長。

来歴[編集]

1891年、現在の滋賀県高島市に生まれる。近隣に陽明学者の中江藤樹が住んでおり、幼少期より憧れを抱いていた。叔父に「将来は中江藤樹のような人になりたい」と度々言っていたとの事。中学時代にウィリアム・メレル・ヴォーリズの感化を受け、同志社神学校に進学[1]。この時、新島襄に強く影響を受けたとされ、後の崇貞学園や桜美林学園開学の際に自らの教育モデルとしたと言われる。更に渡米しオベリン大学(オーバリン大学)に学ぶ(オベリンの名前は後に彼が創立する桜美林学園の名の由来ともなる)。

1915年、同志社大学を卒業したその年、教会で聞いた殉教の話に感銘を受け中国行きを決意。1917年に日本人宣教師第1号として中国・大連へ渡り布教活動を開始。翌1918年には奉天に移り児童園を設置し、大連の教会にて先妻、横田美穂と結婚。1920年北京へ移り美穂と共に貧困に喘ぐ女子を対象とする実務教育機関・崇貞平民工読学校朝陽門外に開校(翌年に崇貞女子学園となった後、1938年崇貞学園と改名)。その後、小学校や中学校を併設し中国人のみならず在華日本人にも門戸を広げるなど尽力し、地元では「北京の聖人」と呼ばれ慕われていたという。また、天橋愛隣館という救済院慈善病院)も作っており、[2][3]。現地委員としてセルツメントに参加している。1933年に妻の美穂と死別した後、1936年天津で後妻の小泉郁子と再婚。

敗戦と共に帰国、後妻の清水郁子とともに東京郊外の町田市に「キリスト教主義に基づいた国際的な教養人の育成」を建学の精神とする学校法人桜美林学園を創立し、初代学長、後に第3代の理事長を務めた。

短歌に造詣が深く、1966年の桜美林大学開学時には「大学の設立こそは少き日の 新島襄に享けし夢かも」と感想を歌に詠んでいる。他に1976年の夏、桜美林高校の野球部が甲子園大会で優勝した際に詠んだ「夢を見よ夢は必ずなるものぞ、うそと思はば甲子園にきけ」などが有名。現在も桜美林大学町田キャンパス内に「我が霊や 天に昇らで 永えに 留まるべきぞ 桜の園に」という辞世の歌が刻まれた歌碑が建てられている。

人物[編集]

人脈も広く、北京の崇貞学園時代に魯迅と周作人の兄弟と知り合い、度々、兄弟の自宅を訪ねていた。当時周作人はそれなりに名を知られていたが、魯迅はまだ無名であった。安三は当時の日本の有名人を何人も周に紹介していたが、ある時、1人で周の自宅を訪ねると門番に止められ会えなかった。何度も交渉するがどうしても会えず、その時、門番との言い争いに気づいた魯迅が奥から出て来て周に代わり自宅に上げたとされる。以降は周だけでなく魯迅とも親交を深めることになり、魯迅の温厚な人柄を気に入った安三は帰国後、日本国内で魯迅について宣伝し魯迅を有名にしたとされる。また日本帰国後、現在はカレー専門店であり、当時は文化サロンとして文人や芸術家の交流の場であった新宿中村屋に頻繁に出入りしており、ロシアから亡命していた盲目の詩人、エロシェンコとも交流があった。1927年には日本国民新聞(現・読売新聞)の契約記者として中国南方へと派遣され、九江にて当時、中華民国の総統だった蒋介石へのインタビューに成功し、記事にしている。北伐を行っていた蒋介石はこの直後に南京臨時政府を樹立した。

1919年~1920年にかけ、イギリスの哲学者ジョーン・デューイとバードランド・ラッセルが北京大学に特別講師として招かれ講義を行っていた。この時の聴講生は大半が中国人であったがその中でただ1人だけ日本人がいたという記録があり、それが安三であった。これ以降、ラッセルの教育哲学に深く影響を受けた安三は自由主義者となった。

1919年5月4日、天安門で始まったデモ行進「五・四運動」を目撃し、その状況を記した論文を日本国内に寄稿した。これが清水の最初の論文とされる。

辛亥革命の後、中国共産党設立に大きく貢献し、日本にも留学していた李大釗とは彼がまだ無名の頃から親交があった。1927年4月28日に李が処刑されると同年5月8日の北京週報に弔文を載せた。その中で清水は「その読書振りに驚いた」と記している。李は生前、清水と同じくラッセルに強く影響されたらしく、英語で書かれていたラッセルの本はほぼ全て読破していたとの事。今日、李の功績は中国国内だけでなく日本を始め世界各地で知られているが、息子の清水畏三によれば、その人柄を日本に紹介し李大釗の名を日本で有名にしたのは安三だったとされる。

略歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同志社山脈編集委員会編 『同志社山脈』 晃洋書房、2003年、66-67頁
  2. ^ 『清水安三と北京崇貞学園』(不二出版、2003年)
  3. ^ 自伝『朝陽門外的清水安三』(朝阳门外的清水安三) (中国語)
  4. ^ 新島襄という 清水安三の夢 - 同志社大学

外部リンク[編集]