セトルメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セツルメントまたはセトルメント(英: settlement)とは、正確には「ソーシャル・セツルメント」であり、隣保館などと訳され、社会教化事業を行う地域の拠点のことである。元の意味は、「移住」で19世紀末に、イギリスの理想主義的な大学教授や学生が貧民街(スラム)に移り住んで貧民と生活をともにし、その教化にあたったところから使われるようになった言葉である。そのうち特に有名だったのが、エドワード・テニソン英語版サムエル・バーネット英語版アーノルド・トインビーなどである[1]

歴史的経緯[編集]

1884年のバーネット牧師夫妻が、夭折したトインビーを記念してロンドン東部の貧民街に設立したイギリストインビー・ホール英語版が世界最初といわれる。しかしその源流は、諸種があるといわれる。アメリカ合衆国ではジェーン・アダムズらが1889年に開設したハルハウスが有名である。

日本では、大阪北市民館など公設のセツルメントもあるが、賀川豊彦ら民間人が影響を与えた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 谷田貝公昭、林邦雄『保育用語辞典』一藝社 2006年 p. 244

参考文献[編集]

  • 大林宗嗣『セッツルメントの研究』 同人社書店 1926年、改訂新版『セッツルメントの研究』慧文社 2008年
  • 木原活信J・アダムズの社会福祉実践思想の研究-ソーシャルワークの源流-』川島書店 1998年
  • 木原活信『賀川豊彦ジェーン・アダムズ-セツルメントをめぐって-』賀川豊彦記念 松沢資料館『雲の柱』第15号 1998年