淮陽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
淮陽郡
位置
NK-Gangwon-Hoeyang.png
各種表記
ハングル 회양군
漢字 淮陽郡
発音 フェヤン=グン
ローマ字転写 Hoeyang-gun
テンプレートを表示

淮陽郡(フェヤンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡。

地理[編集]

北朝鮮統治下の江原道中央部、太白山脈・広州山脈などに囲まれた淮陽盆地に位置する。北に安辺郡高山郡、西に洗浦郡、南に昌道郡、東に金剛郡通川郡と境を接する。

北の高山郡・安辺郡方面に越える鉄嶺(673m)の峠は、かつての江原道咸鏡道の境界であり、古来交通の要衝として知られた。

行政区画[編集]

1邑・23里を管轄する。

  • 淮陽邑(フェヤンウプ)
  • 江敦里(カンドンリ)
  • 広田里(クァンジョンリ)
  • 貴洛里(クィランリ)
  • 金谷里(クムゴンリ)
  • 金鉄里(クムチョルリ)
  • 機正里(キジョンリ)
  • 道納里(トナムリ)
  • 龍浦里(リョンポリ)
  • 麻田里(マジョンリ)
  • 蜂浦里(ポンポリ)
  • 仙台里(ソンデリ)
  • 素豊里(ソプンリ)
  • 新渓里(シンゲリ)
  • 新明里(シンミョンリ)
  • 新坪里(シンピョンリ)
  • 五郎里(オランリ)
  • 梧鳳里(オボンリ)
  • 楡邑里(ユウムリ)
  • 田谷里(チョンゴンリ)
  • 箭項里(チョナンリ)
  • 浦泉里(ポチョンリ)
  • 下橋里(ハギョリ)
  • 県里(ヒョルリ)

歴史[編集]

高句麗時代には各連城郡と称し、新羅時代には連城郡、高麗時代には伊勿城と呼ばれた。995年には交州と改称され、1018年には防禦使が置かれた。1308年には北方の要衝である鉄嶺を防衛するために淮州牧に昇格され、1310年に淮陽府に改められた。朝鮮王朝時代の1413年には都護府が置かれる。

1895年の地方制度改革により淮陽郡となった。1945年8月時点で江原道に属し、現在の金剛郡を含めた地域を管轄した。

1952年の北朝鮮の行政区画再編により、淮陽面・上北面・下北面の全域、新安面・蘭谷面の主要部、安豊面の一部からなる淮陽郡(1邑28里)が再編された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1895年 - 春川府淮陽郡が発足。
  • 1896年 - 江原道淮陽郡となった。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、江原道淮陽郡に以下の面が成立。(7面)
    • 府内面・上初北面・下初北面・蘭谷面・安豊面・泗東面・長陽面
  • 1917年 (7面)
    • 上初北面が上北面に改称。
    • 下初北面が下北面に改称。
    • 府内面が淮陽面に改称。
  • 1939年 - 長陽面が内金剛面に改称。(7面)
  • 1945年(光復後) - 淮陽面の一部が分立し、新安面が発足。(8面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、江原道淮陽郡淮陽面・上北面・下北面・新安面および蘭谷面・安豊面の各一部、金化郡昌道面の一部地域をもって、淮陽郡を設置。淮陽郡に以下の邑・里が成立。(1邑28里)
    • 淮陽邑・広田里・箭項里・下橋里・素豊里・江敦里・交州里・田谷里・龍浦里・五郎里・新明里・道納里・機正里・金鉄里・金谷里・仙台里・新渓里・麻田里・新安里・新洞里・楸田里・九龍里・鳴牛里・梧鳳里・貴洛里・楡邑里・浦泉里・蜂浦里・松浦里
  • 1954年 - 龍浦里の一部が素豊里に編入。(1邑28里)
  • 1958年 - 楡邑里・貴洛里・梧鳳里が洗浦郡に編入。(1邑25里)
  • 1967年 - 蜂浦里の一部が江敦里に編入。(1邑25里)
  • 1987年 (1邑18里)
    • 交州里・新洞里・新安里・九龍里・松浦里・楸田里が昌道郡に編入。
    • 鳴牛里が金剛郡化川里の一部と合併し、昌道郡鳴牛里となる。
  • 2001年1月27日 - 洗浦郡新坪里・県里・楡邑里・貴洛里・梧鳳里を編入。(1邑23里)

外部リンク[編集]


  1. ^ 강원도 회양군 역사