板橋郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板橋郡
位置
NK-Gangwon-Pangyo.png
各種表記
ハングル 판교군
漢字 板橋郡
発音 パンギョ=グン
ローマ字転写 P'an'gyo kun
テンプレートを表示

板橋郡(パンギョぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡。

地理[編集]

北朝鮮統治下の江原道西部に位置する。郡の大部分が山地で、臨津江が郡内を貫いて流れる。

北に法洞郡、東に洗浦郡、東南に平康郡、南に伊川郡と境を接する。また、西は黄海北道谷山郡新坪郡と接する。

行政区画[編集]

1邑・22里を管轄する。

  • 板橋邑(パンギョウプ)
  • 開蓮里(ケリョンリ)
  • 京都里(キョンドリ)
  • 亀塘里(クダンリ)
  • 九峯里(クボンリ)
  • 君漢里(クナンリ)
  • 金坪里(クムピョンリ)
  • 龍塘里(リョンダンリ)
  • 龍池里(リョンジリ)
  • 龍川里(リョンチョンリ)
  • 龍浦里(リョンポリ)
  • 龍興里(リョンフンリ)
  • 梨上里(リサンリ)
  • 梨下里(リハリ)
  • 明徳里(ミョンドンリ)
  • 寺洞里(サドンリ)
  • 上頭里(サンドゥリ)
  • 上麟原里(サンリヌォンリ)
  • 支上里(チサンリ)
  • 支下里(チハリ)
  • 泉巌里(チョナムリ)
  • 楓峴里(プンヒョンリ)
  • 下麟原里(ハリヌォンリ)

歴史[編集]

1945年8月時点で江原道伊川郡の北部を占めていた。1952年12月、板橋面・楽壌面・方丈面を中心に山内面・龍浦面の各一部、黄海道谷山郡東村面の一部が板橋郡として編成された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、江原道伊川郡楽壌面・板橋面・方丈面および山内面・龍浦面の各一部、黄海道谷山郡東村面の一部地域をもって、江原道板橋郡を設置。板橋郡に以下の邑・里が成立。(1邑19里)
    • 板橋邑・龍塘里・支上里・九峯里・支下里・楓峴里・君漢里・龍浦里・開蓮里・佳麗州里・寺洞里・龍池里・亀塘里・下麟原里・上麟原里・京都里・龍川里・上頭里・龍興里・三城里
  • 1953年 (1邑21里)
    • 板橋邑が明徳里に降格。
    • 佳麗州里が板橋邑に昇格。
    • 三城里が分割され、梨上里・梨下里が発足。
    • 洗浦郡金坪里を編入。
  • 1954年 (1邑22里)
    • 板橋邑・寺洞里の各一部が合併し、泉巌里が発足。
    • 龍塘里の一部が明徳里に編入。
    • 明徳里の一部が楓峴里に編入。
    • 亀塘里の一部が龍池里に編入。

交通[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ 강원도 판교군 역사