昌道郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昌道郡
位置
NK-Gangwon-Changdo.png
各種表記
ハングル 창도군
漢字 昌道郡
発音 チャンド=グン
ローマ字転写 Ch'angdo-gun
テンプレートを表示

昌道郡(チャンドぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡。

地理[編集]

北朝鮮統治下の江原道東南部に位置する。太白山脈の西側に位置し、北漢江が郡内を流れる。

東に金剛郡、北に淮陽郡、西に金化郡と接する。南は軍事境界線を隔てて大韓民国統治下の江原道楊口郡である。

行政区画[編集]

1邑・16里を管轄する。

  • 昌道邑(チャンドウプ)
  • 曲山里(コクサンリ)
  • 交州里(キョジュリ)
  • 九龍里(クリョンリ)
  • 金山里(クムサンリ)
  • 堂山里(タンサンリ)
  • 大白里(テベンリ)
  • 鳴牛里(ミョンウリ)
  • 泗東里(サドンリ)
  • 山月里(サヌォルリ)
  • 城桃里(ソンドリ)
  • 松浦里(ソンポリ)
  • 新成里(シンソンリ)
  • 長県里(チャンヒョンリ)
  • 支石里(チソンリ)
  • 楸田里(チュジョンリ)
  • 板橋里(パンギョリ)

歴史[編集]

1952年12月、北朝鮮の行政区画再編によって新設された郡。1945年8月15日時点の江原道金化郡昌道面を中心とする地域。

1952年12月、金化郡昌道面・遠北面・金城面・通口面の全域、任南面・近北面の大部分、遠東面の一部、楊口郡水入面の大部分をあわせて昌道郡が編成された(1邑36里)。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、江原道金化郡遠北面・金城面・通口面および昌道面・近東面・任南面・近北面・遠南面・遠東面の各一部、淮陽郡泗東面の一部、楊口郡水入面・方山面の各一部地域をもって、昌道郡を設置。昌道郡に以下の邑・里が成立。(1邑53里)
    • 昌道邑・新創里・新豊里・堂峴里・法首里・城桃里・板橋里・大白里・鶴芳里・岐城里・杜木里・任南里・綿川里・塔距里・城山里・長県里・堂山里・桃花里・通口里・遠北里・泗東里・新成里・支石里・金山里・上板里・大井里・泉里・印佩里・占方里・烏川里・松巨里・文登里・金城里・初西里・水泰里・乾川里・栢峴里・光三里・科湖里・水洞里・九龍里・月峯里・榛峴里・芳通里・楓洞里・龍淵里・松室里・近東里・開野里・慶祥里・南屯里・栗沙里・芳坪里・漁雲里
  • 1953年7月 - 停戦協定の発効により、軍事境界線の民間人統制区域に指定された江原道金化郡遠南面・遠東面の各一部を編入、南部の一部地域が南側の江原道金化郡に移管。編入された部分は以下の里に当たる。(1邑57里)
    • 蘆洞里竹垈里細峴里登大一里下線部は一部)
  • 1953年12月 - 南部の一部地域が軍事境界線の民間人統制区域に指定されたため、当該地域の里の再編を行う。(1邑42里)
    • 科湖里・漁雲里・水洞里が合併し、漁湖里が発足。
    • 九龍里・月峯里・楓洞里・榛峴里・芳通里が合併し、九峯里が発足。
    • 慶祥里・開野里・南屯里・蘆洞里・竹垈里が合併し、遠南里が発足。
    • 龍淵里・松室里・細峴里・登大一里が合併し、龍峴里が発足。
    • 芳坪里・栗沙里が合併し、遠東里が発足。
    • 光三里が近東里に編入。
  • 1954年 (1邑22里)
    • 昌道邑・新創里・新豊里・堂峴里・法首里・鶴芳里・塔距里・城山里・遠北里・上板里・金城里・初西里・水泰里・乾川里・漁湖里・近東里・遠南里・遠東里・龍峴里・九峯里が新設の金化郡に編入。
    • 通口里が昌道邑に昇格。
  • 1958年 - 桃花里の一部が長県里に編入。(1邑22里)
  • 1961年 (1邑22里)
    • 泉里の一部が任南里に編入。
    • 印佩里の一部が泉里に編入。
  • 1981年 - 占方里が鉄壁里に改称。(1邑22里)
  • 1987年 (1邑31里)
    • 淮陽郡交州里・新洞里・新安里・九龍里・松浦里・楸田里、金剛郡山月里・曲山里を編入。
    • 淮陽郡鳴牛里および金剛郡化川里の一部が合併し、鳴牛里が発足。
  • 2000年11月 (1邑16里)
    • 烏川里・印佩里・大井里・綿川里・鉄壁里・松巨里・泉里・栢峴里・文登里が金剛郡に編入。
    • 任南里・杜木里が金化郡上板里に編入。
    • 桃花里が長県里に編入。
    • 岐城里が新成里・城桃里に分割編入。
    • 昌道邑が堂山里・城桃里に分割編入。
    • 新安里・新洞里が合併し、昌道邑が発足。

外部リンク[編集]


  1. ^ 강원도 창도군 역사