伊川郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊川郡
位置
NK-Gangwon-Ichon.png
各種表記
ハングル 이천군
漢字 伊川郡
発音 イチョン=グン
ローマ字転写 Ich'ŏn-gun
テンプレートを表示

伊川郡(イチョンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡。

地理[編集]

北朝鮮統治下の江原道西南部に位置し、南に鉄原郡、東に平康郡、北に板橋郡と境を接する。西側には黄海北道兎山郡新渓郡である。

郡内には臨津江が南に流れ、伊川盆地を形成している。

行政区画[編集]

1邑・22里を管轄する。

  • 伊川邑(イチョヌプ)
  • 開川里(ケチョンリ)
  • 建設里(コンソルリ)
  • 龍亭里(リョンジョンリ)
  • 武陵里(ムルンリ)
  • 文童里(ムンドンリ)
  • 射庁里(サチョンリ)
  • 山旨里(サンジリ)
  • 山站里(サンチャムリ)
  • 上下里(サンハリ)
  • 城北里(ソンブンリ)
  • 松亭里(ソンジョンリ)
  • 新塘里(シンダンリ)
  • 新興里(シヌンリ)
  • 深洞里(シムドンリ)
  • 筽峴里(オヒョンリ)
  • 友味里(ウミリ)
  • 銀杏亭里(ウネンジョンリ)
  • 長洞里(チャンドンリ)
  • 長在里(チャンジェリ)
  • 軸洞里(チュクトンリ)
  • 鶴峯里(ハクポンリ)
  • 回山里(フェサンリ)

歴史[編集]

高句麗時代には伊珍買県と呼ばれ、新羅時代に伊川と改称した。朝鮮王朝時代の1413年には伊川県となり県監が置かれ、京畿道から江原道に移管された。1895年に伊川郡になった。

1914年には南に隣接する安峡郡(現在の鉄原郡地域)を合併。1945年8月の時点では伊川面など11面から構成されており、現在の板橋郡鉄原郡を含む地域を管轄していた。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1914年4月1日 – 郡面併合により、江原道安峡郡伊川郡に編入。伊川郡に以下の面が成立。(11面)
    • 邑内面・鶴鳳面・龍浦面・方丈面・古味呑面・山内面・楽壌面・板橋面・東面・西面・安峡面
  • 1938年 (11面)
    • 邑内面が伊川面に改称。
    • 古味呑面が熊灘面に改称。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、江原道伊川郡伊川面・鶴鳳面および龍浦面・山内面・西面の各一部地域をもって、伊川郡を設置。伊川郡に以下の邑・里が成立。(1邑21里)
    • 伊川邑・開川里・回山里・建設里・新塘里・友味里・山站里・軸洞里・龍亭里・筽峴里・射庁里・銀杏亭里・城北里・鶴峯里・長在里・深洞里・上下里・松亭里・長洞里・山旨里・文童里・武陵里
  • 1954年 - 伊川邑・深洞里の各一部が合併し、新興里が発足。(1邑22里)

交通[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ 강원도 이천군 역사