兎山郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兎山郡
位置
DPRK2006 Hwangbuk-Tosan.PNG
各種表記
チョソングル: 토산군
漢字: 兎山郡
片仮名転写: トサン=グン
統計(2008年
面積: 421.55 km²
総人口: 62,727[1]
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
ISO 3166-2: KP-06

兎山郡(トサンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国黄海北道の南東部に位置する郡。 元々高句麗の烏斯含逹県(오사함달현)であり、景徳王の時兎山郡に改称された。「오사함」は高句麗語を意味する。

地理[編集]

西の方に金川郡、南に長豊郡、北に新渓郡、東に江原道鉄原郡伊川郡と接する。

歴史[編集]

1914年、大部分が金川郡に、一部が新渓郡に編入された。1952年12月に金川郡の外柳面、合灘面、左面、西泉面、口耳面、兎山面の10個の里を合併して兎山郡を新設した。

年表[編集]

この節の出典[2]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、黄海道金川郡外柳面・合灘面・左面・西泉面・口耳面および兎山面の一部地域をもって、兎山郡を設置。兎山郡に以下の邑・里が成立。(1邑17里)
    • 兎山邑・陽寺里・龍岩里・月城里・北浦里・安鳳里・黄江里・洪墓里・下南里・烽仏里・水合里・合灘里・文城里・美堂里・松細里・百花里・松川里・石峯里
  • 1954年10月 - 黄海道の分割により、黄海北道兎山郡となる。(1邑17里)
  • 1961年3月 (1邑17里)
    • 下南里の一部が烽仏里に編入。
    • 松細里の一部が百花里に編入。
  • 1977年9月 - 洪墓里がメ峰里に改称。(1邑17里)
  • 1981年6月 - 烽仏里の一部が兎山邑に編入。(1邑17里)

行政区画[編集]

1邑 17里で構成される。

  • 토산읍 (兎山邑、トサヌプ)
  • 양사리 (陽寺里、ヤンサリ)
  • 룡암리 (竜岩里、リョンアムリ)
  • 월성리 (月城里、ウォルソンリ)
  • 북포리 (北浦里、プクポリ)
  • 안봉리 (安鳳里、アンボンリ)
  • 황강리 (黄江里、ファンガンリ)
  • 매봉리 (メ峰里、メボンリ)
  • 하남리 (下南里、ハナムリ)
  • 봉불리 (烽仏里、ポンブルリ)
  • 수합리 (水合里、スハムリ)
  • 합탄리 (合灘里、ハプタンリ)
  • 문성리 (文城里、ムンソンリ)
  • 미당리 (弥堂里、ミダンリ)
  • 송세리 (松細里、ソンセリ)
  • 백화리 (白花里、ペクァリ)
  • 송천리 (松川里、ソンチョンリ)
  • 석봉리 (石峰里、ソクポンリ)

脚注[編集]

  1. ^ 조선중앙통계국,2008년 인구 조사,2009년.
  2. ^ 황해북도 토산군 역사

外部リンク[編集]