洗浦郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
洗浦郡
位置
NK-Gangwon-Seipo.png
各種表記
チョソングル: 세포군
漢字: 洗浦郡
片仮名転写: セポグン
ローマ字転写 (MR): Sepho kun
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

洗浦郡(セポぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡である。

地理[編集]

太白山脈の西に位置する。東には淮陽郡、西に板橋郡が、南には平康郡金化郡、北には高山郡法洞郡がある。

行政区画[編集]

1邑・1労働者区・24里を管轄する。

  • 洗浦邑(セポウプ)
  • 墻村労働者区(チャンチョンノドンジャグ)
  • 箕山里(キサンニ)
  • 内坪里(ネピョンニ)
  • 大谷里(テゴンニ)
  • 大門里(テムンニ)
  • 梨木里(リモンニ)
  • 栢山里(ペクサンニ)
  • 福満里(ポンマンニ)
  • 北坪里(プクピョンニ)
  • 三防里(サンバンニ)
  • 上述里(サンスルリ)
  • 西下里(ソハリ)
  • 城山里(ソンサンニ)
  • 城坪里(ソンピョンニ)
  • 松浦里(ソンポリ)
  • 新洞里(シンドンニ)
  • 新生里(シンセンニ)
  • 薬水里(ヤクスリ)
  • 遠南里(ウォンナムニ)
  • 楡淵里(ユヨンニ)
  • 鼎洞里(チョンドンニ)
  • 中三里(チュンサムニ)
  • 中坪里(チュンピョンニ)
  • 泉岐里(チョンギリ)
  • 後坪里(フピョンニ)

歴史[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、江原道平康郡洗浦面・楡津面、淮陽郡蘭谷面の一部、安辺郡新高山面の一部地域をもって、洗浦郡を設置。洗浦郡に以下の邑・里が成立。(1邑19里)
    • 洗浦邑・栢山里・西下里・薬水里・城坪里・北坪里・遠南里・城山里・中坪里・後坪里・内坪里・泉岐里・大門里・楡淵里・上述里・金坪里・県里・新坪里・三防里・新生里
  • 1953年 - 金坪里が板橋郡に編入。(1邑18里)
  • 1954年 (1邑19里)
    • 洗浦邑・新生里の各一部が合併し、大谷里が発足。
    • 上述里の一部が北坪里に編入。
    • 城山里の一部が遠南里に編入。
    • 薬水里の一部が城坪里に編入。
  • 1958年 - 淮陽郡楡邑里・梧鳳里・貴洛里を編入。(1邑22里)
  • 1961年 - 平康郡梨木里、法洞郡新洞里を編入。(1邑24里)
  • 1967年 - 楡淵里の一部が上述里に編入。(1邑24里)
  • 2001年1月27日 (1邑1労働者区24里)
    • 新坪里・県里・楡邑里・貴洛里・梧鳳里が淮陽郡に編入。
    • 平康郡福満里・墻村労働者区・鼎洞里・松浦里・箕山里・中三里を編入。

交通[編集]

この郡を江原線が通じており、また平壌からの鉄道も分岐する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]