淑嬪崔氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淑嬪 崔氏
숙빈 최씨

称号 徽徳安純綏福和敬淑嬪(諡号)
出生 1670年11月6日
朝鮮国漢城府余慶坊
死去 1718年3月9日
朝鮮国漢城府彰義宮
埋葬 京畿道坡州市昭寧園
配偶者 粛宗
子女 英祖外二男
父親 崔孝元
母親 南陽洪氏
テンプレートを表示
淑嬪 崔氏
各種表記
ハングル 숙빈 최씨
漢字 淑嬪 崔氏
発音 スクピン・チェシ
日本語読み: しゅくひん・さいし
テンプレートを表示

淑嬪 崔氏(しゅくひん さいし、スクピン チェシ、1670年 - 1718年)は、李氏朝鮮の第19代国王粛宗の嬪。 第21代国王英祖の生母。諡は「和敬」(和敬淑嬪)。

生涯[編集]

本貫は海州。後日、領議政を追贈された崔孝元の娘として、1670年に生まれた。粛宗2年に7歳で入宮したとされている。宮廷のムスリ出身(雑事を担当する下女)とされる説もあるが、実際には針房(チムバン、침방)に所属していた宮女である(後に対立する禧嬪張氏も元は針房の女官であった。針房の女官は王族に仕える至密の女官に次いで高位であった)。後に仁顕王后付きの内人(尚宮でない女官の総称)となる。

1689年、仁顕王后閔氏が廃位され禧嬪張氏が王妃となった。

その後(1692年4月22日以降。正確な時期はわかっていない)、粛宗の寵愛を受けて承恩尚宮(スンウンサングン、승은상궁。正五品相当)になり、粛宗19年(1693年)4月26日に淑媛(スグォン、숙원。従四品相当)になる。その年、王子を産むが、2ヶ月で亡くなる。

甲戌換局朝鮮語版で仁顕王后が復位された年(1694年)の9月13日、延礽君(ヨニングン、연잉군)、後の朝鮮の21代国王の英祖を産んだ。それに先立ち、同じ年の6月2日に淑儀(スグィ、숙의。従二品相当)になっている。

粛宗21年(1695年)6月8日に貴人(クィイン、귀인。従一品相当)になる。

粛宗24年(1698年)7月7日に子を産むが3日で亡くなる。

粛宗25年(1699年)6月13日、前年に第6代朝鮮王端宗が241年ぶりに復位されたことを祝賀して、正一品相当の淑嬪(スクピン、숙빈)となる。

1701年10月から1704年4月の間に本宮の昌徳宮(チャンドックン、창덕궁)を離れて、梨峴宮(イヒョングン、이현궁)に居所を移す。梨峴宮は淑嬪房(スクビンバン、숙빈방)と呼ばれるようになる。

粛宗37年(1711年)6月22日、粛宗は淑嬪崔氏を淑嬪房から息子・延礽君の居所へと移し、母子で暮らすよう御命を下す。

1716年ごろから急に病がちになり、私邸で療養していたが、 1718年3月息子・延礽君の私邸で亡くなる。享年49。

家族[編集]

  • 父:贈議政府領議政 崔孝元(1638年-1672年)
  • 母:贈貞敬夫人南陽洪氏
  • 義父︰顕宗(第18代王)
  • 義母︰ 明聖王后金氏(1642年 - 1684年)
  • 夫:粛宗(第19代王)
  • 長男(1693年 名は永壽。早世,無封君)
  • 次男:英祖(第21代王)
  • 三男(1698年 早世)
  • 孫︰思悼世子/荘献世子 李愃(1735年 - 1762年)
  • 曾孫︰正祖(第22代王)

淑嬪崔氏を演じた俳優[編集]