海保博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海保 博之(かいほ ひろゆき、1942年[1])は、日本心理学者。専門は認知心理学[2]

来歴[編集]

千葉県出身[3]千葉県立第一高等学校[1]を1961年卒業、1965年東京教育大学教育学部心理学科卒業[2]、1968年東京教育大学大学院博士課程中退[2]

1968年徳島大学教育学部助手に就任[4]、講師、助教授を経て。その後、1975年7月に筑波大学に転任[5]、1985年3月25日教育学博士、1991年心理学系教授となる[4]。筑波大学では心理学研究科長を務め[5]、加えて2002年から2005年まで筑波大学附属高等学校の校長を務めた[6]2006年3月をもって筑波大学を定年退職する[5]

2006年4月、東京成徳大学応用心理学部教授に就任。同年5月23日、筑波大学より名誉教授の称号を授与される[7]

2011年4月1日、東京成徳大学の副学長に就任[8]。平成25年4月より同大学学長、任期は平成29年3月まで。

平成29年4月、東京成徳大学名誉教授および学術顧問。

研究論文、書き物(一部)

「論文、書き物」 (順不同)

海保博之 1999年 認知心理学からみた学び方 指導と評価、45,8−11

島田英昭・海保博之  2000 算数・数学教育研究に寄与する認知の科学の視点の抽出と吟味. 筑波大学心理学研究, 22, 85-92

海保博之 2001 日本語教育と認知研究 日本語教育、108,1−4

海保博之 2001 読み方略についての包括的尺度の作成とその有効性の吟味 共著(井関,龍太 ,海保,博之) 読書科学 , 45(1), 1-9

海保博之 2001 生きる力の評価ー認知面  指導と評価、47、40−43

井関龍太・海保博之 2002 その推論はオンラインか;談話理解におけるオンライン推論の方法論的・理論的考察 筑波大学心理学研究、24,83-97 

島田英昭・海保博之  2003 心的演算処理研究の諸問題とその議論. 筑波大学心理学研究, 25, 51-65.

海保博之 2003年9月 漢字「ど忘れ」の心理とその克服法 しにか 14巻、9、24-29 

鈴木祐子・海保博之 2003年 検索誘導忘却をめぐる諸問題 筑波大学心理学研究。25,69-77

海保博之 2005 人にやさしいドキュメント作りーーマニュアルを素材にして システム/制御/情報」46巻、8号、???? 

海保博之 2005年12月20日 都市交通の安全へのヒューマンエラーの観点からの提言  都市問題研究、57,12,16-28

海保博之 2007年5月30日 認知の発達と教育;認知の科学の視点からの一省察 学校教育研究所年報、51号、26-36  

①説明・指示における具体表現をめぐって」筑波大学心理学系紀要、1993

②わかりやすい技術文章の書き方」日経メカニカル 1988年

③マニュアルの認知工学」筑波大学心理学系紀要、1987

④マニュアルを大切にする文化を育てる」標準化と品質管理 1990

⑤インタフェースの認知工学」情報処理学会 1988

⑥わかりやすい取扱説明書を作る」標準化と品質管理 1992

⑦ヒューマンファクターの研究動向」JTT 1992

⑧こうすればわかりやすい表現になる」TUKUBA Studennts,1989

⑨わかりやすい表現、わかりにくい表現」ビジネスファクター

⑪文章が分かる・分からない機構 」NIKKEI MECHANICAL 1988

⑫脳と心の広告の関係」Human・AD 1933

⑬マニュアルにおける操作説明の最適化」教育心理学研究、1991

海保博之 1968 カタカナ文字の見易さの規定因ーー重回帰分析による検討。 心理学研究 39,13-20

海保博之 1970 形の知覚に関する多変量解析的アプローチの現況 心理学評論 13,2,305-317

海保博之 1973 無作為図形の分類作業における手がかり利用の方略 心理学研究 44,1,24-31

出口毅・海保博之 1990 異なる認知課題における分析的/全体的処理方略の頑健性 心理学研究 615299-307

海保博之 1990 外国人の漢字学習の認知心理学的諸問題 日本語学 9,11、65-72

「著書」

海保博之監修 2005年 朝倉心理学講座全19巻 朝倉書店 

海保博之編 2005年11月15日 認知心理学 朝倉書店

(1章 認知心理学の潮流 8章 認知工学を執筆) 

海保博之・楠見孝監修 2006年6月20日 心理学総合事典

朝倉出版 

海保博之 2006年6月20日 実験法

海保博之・楠見孝監修 2006年6月20日 心理学総合事典

朝倉出版所収 32-34 

海保博之・宮本聡介 2007年2月20日  安全・安心の心理学;リスク社会を生き抜く心の技法48 新曜社 

海保博之 2007年2月26日 認知と学習の心理学;知の現場からの学びのガイド 培風館 

海保博之 2007年11月11日 説明社会の心理学的諸問題と今後の展開 比留間太白・山本博樹編「説明の心理学;説明社会への理論・実践的アプローチ」ナカニシヤ出版所収、225-234 

「解説」

海保博之 2002年7月 生活用具の開発・評価に当たっての認知工学的視点(1)-(4) 人間生活工学、13,3,49-51・4,61-63・14,1,41-43・2,57-59 

海保博之 2006年12月1日子どもの勉強嫌いを克服する5つのコツ 児童心理 60,7,60-65

海保博之 2007年9月1日 分かりやすい説明と表現の心理技法;効果的な研修を実施するために 更生保護。58,9,44-49 

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『漢字情報処理の心理学』(野村幸正と共著、教育出版、1983年5月発行、ISBN 4-31-632640-6
  • 『事例で学ぶ教育心理学』(杉原一昭と共著、福村出版、1986年4月発行、ISBN 4-57-122019-7
  • 『ユーザ・読み手の心をつかむマニュアルの書き方』(加藤隆・堀啓造・原田悦子と共著、共立出版、1987年9月発行、ISBN 4-32-000858-8
  • 『認知的インタフェース コンピュータとの知的つきあい方』(原田悦子・黒須正明と共著、新曜社、1991年4月発行、ISBN 4-78-850386-7
  • 『心理学フロンティア 心の不思議にせまる』(松田隆夫・藤原清・穐山貞登と共著、教育出版、1992年3月発行、ISBN 4-31-632770-4
  • 『人に優しいコンピュータ画面設計 ユーザ・インタフェース設計への認知心理学的アプローチ』(加藤隆と共著、日経BP、1992年10月6日発行、1994年5月新装版発行、ISBN 4-82-227148-X
  • 『プロトコル分析入門 発話データから何を読むか』(原田悦子と共著、新曜社、1993年11月発行、ISBN 4-78-850469-3
  • 『クイズと体験でわかる心理学』(倉沢寿之・神村栄一・古川聡と共著、福村出版、1995年10月発行、ISBN 4-57-120054-4
  • 『Q&A心理データ解析』(服部環と共著、福村出版、1996年2月発行、ISBN 4-571-20055-2
  • 『ヒューマン・エラー 誤りからみる人と社会の深層』(田辺文也と共著、新曜社、1996年10月発行、1996年10月25日発売[9]ISBN 4-78-850575-4
  • 『事例とクイズでわかる教育の心理学 発達・学習・生徒指導』(加藤厚・正保春彦・柏崎秀子・渡部玲二郎・金沢吉展と共著、福村出版、1997年11月発行、ISBN 4-57-122041-3
  • 『認知研究のための技法』(加藤隆と共著、福村出版、1999年2月発行、ISBN 4-57-120581-3
  • 『人を動かす文章づくり 心理学からのアプローチ』(山本博樹と共著、福村出版、2001年9月発行、ISBN 4-57-121036-1
  • 『日本語教育のための心理学』(柏崎秀子と共著、新曜社、2002年6月10日発行、ISBN 4-78-850811-7
  • 『キャリアアップのための発想支援の心理学』(松尾太加志と共著、培風館、2003年7月発行、ISBN 4-56-305672-3
  • 『心理学の切り口 身近な疑問をどう読み解くか』(森正義彦・藤永保松原達哉・織田正美・繁枡算男と共著、培風館、2006年7月発行、ISBN 4-56-305861-0
  • 『安全・安心の心理学 リスク社会を生き抜く心の技法48』(宮本聡介と共著、新曜社、2007年2月発行、ISBN 978-4-78-851034-0
  • 『心理学研究法』(大野木裕明・岡市廣成と共著、放送大学教育振興会、2008年3月発行、ISBN 978-4-59-530807-9
  • 『養護教諭のコミュニケーション 子どもへの対応、保護者・教師間連携のポイント』(田村節子と共著、少年写真新聞社、2012年3月発行、ISBN 978-4-87-981417-3

編集[編集]

共編[編集]

監修[編集]

翻訳[編集]

  • ハワード・ガードナー『認知革命 知の科学の誕生と展開』(佐伯胖と共訳、産業図書、1987年8月発行、ISBN 4-78-280037-1
  • フィリップ・ジョンソン=レアード『心のシミュレーション ジョンソン・レアードの認知科学入門』(横山昭一・中溝幸夫・守一雄と共訳、新曜社、1989年11月発行、ISBN 4-78-850355-7
  • J・ラスムッセン『インタフェースの認知工学 人と機械の知的かかわりの科学』(赤井真喜・加藤隆・田辺文也と共訳、啓学出版、1990年2月発行、ISBN 4-76-651063-1
  • N・A・スティリングス、J・L・ガーフィールド、D・A・ローゼンバウム、L・B・ベーカー・ワード、 M・H・ファインシュタイン、E・L・リスランド、S・E・ワイスラー『認知科学通論』(新曜社、1991年2月発行、ISBN 4-78-850383-2
  • P・チャンス、T・G・ハリス『頭の働きを科学する 学習・記憶・脳』(村越真・高田理孝・古川聡と共訳、マグロウヒル出版、1991年10月発行、ISBN 4-89-501433-9
  • P・チャンス、T・G・ハリス『心の働きを科学する 感情・性格・心理療法』(村越真・次良丸睦子・渡辺弥生と共訳、マグロウヒル出版、1991年10月発行、ISBN 4-89-501432-0

連載[編集]

  • 海保博之の「心を元気にする習慣づくり」(Nikkei BPnet、2009年5月29日[11] - 2009年7月10日[12]
  • 25歳からのお仕事クリニック(COBS ONLINE)

社会的活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 編集も手掛ける。

出典[編集]

  1. ^ a b 副学長メッセージ”. 東京成徳大学. 2012年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c 25歳からのお仕事クリニック”. COBS ONLINE. マイナビ. 2012年7月13日閲覧。
  3. ^ 学長メッセージ”. 東京成徳大学. 2013年6月27日閲覧。
  4. ^ a b 海保博之の「心を元気にする習慣づくり」”. Nikkei BPnet. 日経BP. 2012年7月13日閲覧。
  5. ^ a b c 海保博之 (2006年2月28日). “定年あいさつ”. 認知的体験. 2012年7月13日閲覧。
  6. ^ できる子は「一点集中力」が違う”. プレジデントファミリー公式サイト. プレジデント社. 2012年7月13日閲覧。
  7. ^ 名誉教授称号授与式”. 速報つくば1126号. 筑波大学. 2012年7月13日閲覧。
  8. ^ 本学副学長に海保博之教授が就任 國分康孝教授は名誉教授に。”. 東京成徳大学 (2011年4月2日). 2012年7月13日閲覧。
  9. ^ ヒューマン・エラー 誤りからみる人と社会の深層”. 新曜社. 2012年7月13日閲覧。
  10. ^ ポジティブマインド スポーツと健康、積極的な生き方の心理学”. 新曜社. 2012年7月13日閲覧。
  11. ^ 海保博之 (2009年5月29日). “【プロローグ】「ポジティブな心理」はストレス社会の元気薬”. Nikkei BPnet. 日経BP. 2012年7月13日閲覧。
  12. ^ 海保博之 (2009年7月10日). “【最終回】「褒め言葉」の効果的な使い方”. Nikkei BPnet. 日経BP. 2012年7月13日閲覧。
  13. ^ 学園概要”. 東京成徳学園. 2012年7月13日閲覧。
  14. ^ 専門委員名簿(平成12年度)”. 文部科学省 (2001年3月27日). 2012年7月13日閲覧。
  15. ^ 専門委員名簿(平成13年度)”. 文部科学省 (2002年4月1日). 2012年7月13日閲覧。
  16. ^ 専門委員名簿(平成14年度)”. 文部科学省 (2003年5月30日). 2012年7月13日閲覧。
  17. ^ 理事会および各委員会の紹介”. 日本教育心理学会. 2012年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]