松尾太加志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松尾 太加志
人物情報
生誕 (1958-01-15) 1958年1月15日(61歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州大学文学部心理学卒業
同大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
学問
活動地域 早稲田電子専門学校福岡校
佐賀女子短期大学
北九州大学(現・北九州市立大学
研究分野 心理学・実験心理学
研究機関 九州大学
学位 心理学博士
学会 医療の質・安全学会
日本心理学会
日本人間工学会
日本認知科学会
日本生理心理学会
ヒューマンインタフェース学会
日本グループダイナミックス学会
日本情報ディレクトリ学会
日本認知心理学会
テンプレートを表示

松尾 太加志(まつお たかし、1958年1月15日 - )は、日本心理学教育工学の研究者。教育者心理学博士九州大学にて取得)[1]北九州市立大学学長。

略歴・人物[編集]

1958年、福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校卒業。1980年、九州大学文学部心理学卒業。1988年、同大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。同大学にて心理学博士。1989年早稲田電子専門学校福岡校講師を経て、1990年佐賀女子短期大学講師、1993年北九州大学(現・北九州市立大学)文学部助教授、2002年10月同大学文学部教授、2004年同大学同学部人間関係学科主任(評議員)、2005年同大学同学科長、2008年同大学文学部長。2013年4月から同大学副学長・理事兼評価室長及び図書館長。2017年4月同大学学長に就任。

  • 専門は人とコンピューターの関係。研究分野は、心理学実験心理学[2]
  • 所属学会は、医療の質・安全学会、日本心理学会、日本人間工学会、日本認知科学会、日本生理心理学会、ヒューマンインタフェース学会、日本グループダイナミックス学会、日本情報ディレクトリ学会、日本認知心理学会。

エピソード[編集]

趣味は読書、プログラミングである。

書籍[編集]

  • 『誰も教えてくれなかった因子分析:数式が絶対に出てこない因子分析入門』(共著:中村知靖、北大路書房、2002年、ISBN 9784762822513
  • 『コミュニケーションの心理学:現地心理学、社会心理学、認知工学からのアプローチ』(ナカニシヤ出版、1999年、ISBN 9784888484640[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]