浅野和三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅野和三郎
ペンネーム 浅野馮虚、浅野憑虚
誕生 (1874-08-09) 1874年8月9日
茨城県 稲敷郡 源清田村
死没 (1937-02-03) 1937年2月3日(62歳没)
大日本帝国の旗神奈川県 横浜市
職業 作家文学者、英米文学研究者
英語文献翻訳、英語教官、研究者
心霊主義研究・運動家
国籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
最終学歴 東京帝国大学英文学科
デビュー作 『出廬』
配偶者 浅野多慶子(旧姓:安住)
子供 浅野勝良(長男)
浅野新樹(次男)
浅野三郎(三男)
秋山美智子(長女)
テンプレートを表示

浅野 和三郎(あさの わさぶろう、1874年明治7年)8月 - 1937年昭和12年)2月3日)は、日本心霊主義運動の父。茨城県出身。筆名は浅野 馮虚(あさの ひょうきょ)、憑虚 とも。

生涯[編集]

茨城県利根川下流のほとり、源清田村(現、稲敷郡河内町)に代々医を生業とする浅野家の、父元斎(げんさい)(婿入り)と母かんの三男として生まれる[1]

1896年(明治29年)、東京帝国大学に入学、時を同じく小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)が英文学担当教師として赴任し、教えを受ける。在学中に機関誌『帝国文学』に処女作「吹雪」を発表。浅野馮虚の筆名で、その後短編小説等を続々発表し文才を発揮。さらに、英文学科に在籍しながら、英米文学の翻訳にも手を広げ、アーヴィングの『スケッチブック』、ディケンズの『クリスマスカロル』、エドワーズの『奇々怪々』を出版した。このような経歴が、心霊研究への下地となっている[2]

1899年(明治32年)に東京帝国大学英文学科を卒業。海軍に請われて、横須賀にある海軍機関学校の英語教官に赴任する。機関学校の同僚スティーブンソンは神智学会員であった。

1915年大正4年)の春、三男の三郎が原因不明の熱病になり、多数の医者に見せても回復せず半年を過ぎていたが、三峰山という女行者の言葉通りに快癒した事から、心霊研究に傾倒し[3]1916年(大正5年)海軍機関学校を退官し、当時もっとも実践的な心霊研究をしていた大本に入信。教団内で有力な信者となり、論客として活躍するも、1921年(大正10年)の第一次大本事件による大弾圧の後は教団を離れ、1923年(大正12年)3月、「心霊科学研究会」を創設。伴に大本を離れた人物として生長の家創始者谷口雅春が居る[4]

1928年昭和3年)、ロンドンで開かれた第三回国際スピリチュアリスト会議(世界神霊大会)に出席し、グロートリアン・ホールにて「近代日本における神霊主義」の演題を英語で講演する。さらにロンドンで霊媒降霊会を訪ね、パリボストン等を歴訪し、心霊関連の文献を多数持ち帰る。この実績をもとに、日本国内での心霊主義(スピリチュアリズム)の啓蒙活動によって、1929年(昭和4年)5月に名古屋に「中京心霊協会」が、同年7月に大阪に「大阪心霊科学協会」が、そして12月に東京に「東京心霊科学協会」が相次いで設立されて心霊研究の実行機関が各地に設置された[5]。「東京心霊科学協会」では、翌1930年(昭和5年)1月15日に設立記念の新年総会を開催して、1月17日に新事務所開きを行って、活動を展開し始めた[6]

妻の多慶子は三郎の病気が治った翌年から、霊的な能力を見せ始め、1929年(昭和4年)、次男の新樹の死をきっかけに霊言(トランス・トーク)を行うようになり、『新樹の通信』、『小桜姫物語』(ともに霊界見聞録等の内容)を収録し出版した。

1936年(昭和11年)末、『小桜姫物語』の原稿をまとめ上げ出版の準備を終えた後、1937年(昭和12年)2月1日急性肺炎を発症。2月3日に急死した。

心霊科学研究[編集]

「心霊科学研究会」顧問及び「東京心霊科学協会」の理事であった和三郎の次兄浅野正恭1867年 - 1954年)は元海軍中将であり、『日本精神の淵源―古事記生命の原理』の著作もある。正恭らが、和三郎の死後、活動の主体を担い、和三郎の遺筆をまとめあげ、出版活動がなされた。

和三郎の死後も「心霊科学研究会」及び「東京心霊科学協会」は活動を続けたが第二次世界大戦の激化で活動を休止。現在は財団法人「日本心霊科学協会」、「日本スピリチュアリスト協会」として活動を行っている。

著書・翻訳書[編集]

  • 『出廬』綾部生活の五年(第一部)、浅野和三郎著、大日本修斎会 刊、1921年
    浅野和三郎の自伝。処女作『吹雪』執筆時の不思議な体験など、心霊研究の道に入るまでの話。三男の病気が治ったこと、大本との出会い。そして綾部への移住前までが綴られている。
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『冬籠』綾部生活の五年(第二部)、浅野和三郎著、大日本修斎会 刊、1921年
    自伝の続き。綾部への移住に始まり、大本での霊的な体験など、生活の機微を交えて描かれている。
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『岩間山人と三尺坊 : 神秘物語』浅野和三郎編、嵩山房 刊、1923年
    平田篤胤の実録『岩間山人と寅吉』、尾張藩藩医の柳田泰治の実録『三尺坊と才一郎』の2作品を和三郎が編集したもの。
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『死後の世界』J.S.M.ワード著、浅野和三郎訳、嵩山房 刊、1925年、戦後 心霊科学研究会出版部 刊
    潮文社より復刻版1985年(昭和60年)(浅野和三郎著作集2)、復刻版新装版1994年3月ISBN 4-8063-1256-8
    コスモ・テン・パブリケーションより(発売:太陽出版)1988年11月ISBN 4-87666-006-9
    でくのぼう出版より(発売:星雲社1999年4月ISBN 4-7952-0584-1
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb、2010年公開
  • 『心霊講座』浅野和三郎著、嵩山房 刊、1928年6月
    潮文社より復刻版1985年7月(浅野和三郎著作集6)、復刻版新装版1999年12月ISBN 4-8063-1338-6
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『永遠の大道』G.カミンズ著、浅野和三郎訳、心霊科学研究会出版部 刊、1932年
    潮文社より復刻版1985年7月(浅野和三郎著作集1)、復刻版新装版2005年6月、ISBN 4-8063-1400-5
  • 『神霊主義-事実と理論』浅野和三郎著、嵩山房 刊、1934年
    • 『神霊主義 :心霊と人生のテキスト 心霊研究からスピリチュアリズムへ』
    コスモ・テン・パブリケーションより(発売:太陽出版)現代文復刊、桑原啓善監修、熊谷えり子現代文1989年1月ISBN 4-87666-007-7
    でくのぼう出版より現代文復刊、桑原啓善監修、熊谷えり子現代文、2003年1月、ISBN 4-7952-3350-0
  • 『幽界行脚』J.S.M.ワード著、浅野和三郎訳、
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb、2010年公開
  • 『照魔鏡 : 正信と迷信の識別標準』柳香書院、1935年
  • 『心霊から観たる世界の動き』浅野和三郎著、柳香書院、1936年
  • 小桜姫物語』心霊科学研究会出版部 刊、1937年2月
    潮文社より復刻版1985年7月(浅野和三郎著作集4)、復刻版新装版2003年7月、ISBN 4-8063-1254-1
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
    心霊学研究所より、現代語訳Web、更新完了2004.04.05
  • 『心霊読本』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1937年8月
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『霊訓』W.S.モーゼス著、浅野和三郎訳解、心霊科学研究会出版部 刊、1937年9月
    潮文社より復刻版1985年6月(浅野和三郎著作集3)、復刻版新装版2005年6月、ISBN 4-8063-1284-3
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『新時代と新信仰』アーサー・フィンドレー著、浅野和三郎訳、心霊科学研究会出版部 刊、1937年
  • 『心霊学より日本神道を観る』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1938年6月
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
    心霊学研究所より、現代語訳Web、2002.12.17
  • 『欧米心霊行脚録』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1938年8月
    • 『世界的名霊媒を訪ねて : その心霊現象実験記録・外』旧題名:欧米心霊行脚録、1970年
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
    • 『欧米心霊旅行記』心霊学研究所より、現代語訳Web、最終更新2004.05.15
  • 『心霊小品集』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1939年
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『心霊縦横談. 第1輯』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1939年
  • 『第六感と精神統一法』浅野和三郎著、心霊科学研究会出版部 刊、1941年6月20日
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『心霊研究とその帰趨』心霊科学研究会出版部 刊、1950年7月15日、『神霊主義』より改題
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb
  • 『新樹の通信』心霊科学研究会出版部 刊、1931年 - 1936年(心霊文庫全3冊、のち1949年1冊化)
    潮文社より復刻版1985年7月(浅野和三郎著作集5)、復刻版新装版1998年3月、ISBN 4-8063-1302-5
  • 『心霊文庫-全20編』心霊科学研究会出版部 刊、1930年 - 1941年
    心霊著作保存会の心霊図書館より、現代かな遣いWeb

ほか多数

脚注[編集]

  1. ^ 『神の罠―浅野和三郎、近代知性の悲劇』p11
  2. ^ 『永遠の大道』復刻版
  3. ^ 『出廬』より
  4. ^ 出典:『生命の實相』第19巻、20巻
  5. ^ 機関誌「心霊と人生」昭和5年1月号より
  6. ^ 「心霊と人生」昭和5年1月号、3月号より

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]