波平恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波平 恵美子(なみひら えみこ、1942年11月 - )は、日本の文化人類学者お茶の水女子大学名誉教授日本民族学会(現・日本文化人類学会)第19期会長。専門は文化人類学、特に医療人類学宗教人類学ジェンダー論。日本文化論(日本民俗学)における「ハレ・ケ・ケガレ」という三項対置の概念を示した。福岡県北九州市出身。

学歴[編集]

学位[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

訳著[編集]

関連項目[編集]