波の伊八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

波の伊八(なみのいはち、宝暦元年(1751年) - 文政7年(1824年))は、安房国長狭郡下打墨村(現・千葉県鴨川市打墨)生まれの宮彫師、武志伊八郎信由。


人物[編集]

江戸時代中期には、建築様式として欄間を飾る彫刻が流行していた。多くの彫刻師が競うなか、「関東に行ったら波を彫るな」と言わしめた人物がいた。初代伊八こと、武志伊八郎信由である。

伊八は、下打墨村で代々名主を務めた武志家の5代目として生まれたといわれている。10歳の時から彫刻を始め、躍動感と立体感溢れる横波を初めて彫り以来作風を確立し、同世代に活躍した葛飾北斎の「富嶽三十六景」の代表作の1つ、「神奈川沖浪裏」などの画風に強く影響を与えたといわれ、文政7年に没するまで意欲的に作品を造り続けた。

その作風は、五代目伊八(高石伊八朗信月:明治23年-昭和29年)まで200年に亘って続き、房総南部を中心に神社寺院の欄間彫刻などに秀れた作品を残した。

代表作[編集]

  • 飯縄寺本堂外陣欄間左右二面「波と飛龍」
  • 行元寺欄間彫刻「波」
  • 源祥寺本堂外陣欄間「龍三態」

波の伊八を題材とした講談[編集]

講談師神田あおい新作講談波の伊八