法政策学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法政策学(ほうせいさくがく)とは法学の知識を動員し、社会問題やその背景や情報を収集・解析し、その解決方法を打ち出す学問である。法哲学から派生した色彩が強い。総合政策学との違いは法律学から政策を研究する点である。「政策」とは「問題解決のための処方箋」としての「ポリシー」の訳語で、この処方箋を法学で模索する。


法政策学者一覧[編集]

関連分野[編集]

外部リンク[編集]