法令データ提供システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法令データ提供システム
URL
http://law.e-gov.go.jp/
タイプ オンラインデータベース
分野 日本の法令(憲法法律政令勅令府令省令閣令規則
使用言語 日本語
項目数 憲法 1法令
法律 1,967法令
政令 2,157法令
勅令 73法令
府令・省令 3,759法令
閣令 11法令
規則 339法令
合計 8,307法令
(2017年3月1日現在)[1]
閲覧 無料
登録 不要
著作権 パブリック・ドメイン[2]
運営元 総務省行政管理局
設立 2001年4月1日[2]
現状 稼動中

法令データ提供システム(ほうれいデータていきょうシステム)は、総務省行政管理局電子政府政策の一環として、ウェブサイト上で提供していた日本法令の検索・閲覧システムである。

第一法規から刊行されている「現行法規総覧」を電子データで代替したもの。

概要[編集]

現行の憲法法律政令勅令府令省令閣令規則(2001年4月1日以降に廃止された法令を含む[3])の内容などが検索・閲覧可能である。国による情報提供のため無償であり、ユーザー登録等も不要。中央省庁霞が関)で限定的に配備・活用されていたシステムを2001年(平成13年)4月からインターネット上に公開したものである。

法令全般が完全に網羅されているわけではなく、公布文・署名副署は省略、別表・別記様式などのうち標準的な文字コードで表示が困難な図式・画像等も省略されており、また、行政府として所管するものながら条約訓令告示は対象外とされていた。このほか、立法府の所管する衆議院規則参議院規則及び司法府の所管する最高裁判所規則も対象外となっていた。

これら閲覧対象外の法規については、国立印刷局官報ウェブサイト(日本国憲法下で官報掲載されたもの全部。有料)、外務省のウェブサイト(一部の条約)、最高裁判所のウェブサイト(主な最高裁判所規則)などで閲覧可能である。

既に廃止され一定の時間を経ている法令、特定の法令の施行期日を定めている法令、他の法令を改正するための法令などの内容も閲覧対象外である。日本国憲法施行後に制定されたすべての法律(廃止済み、特定の法律の施行期日を定める法律、法律の改正を行うための法律を含むが、政令及び省令等は含まない。)は、衆議院ウェブサイトで閲覧可能である。

2017年3月1日現在で更新された後「次回更新時から、「e-Gov法令検索」としてリニューアルし、二次利用が容易となるXML形式での提供を予定しています。」と案内され、法令データ提供システムのデータは更新されていない。その後2017年10月2日に稼動を停止し、法令データ提供システムのURLからe-Gov法令検索に自動的に移動するように設定された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お知らせ”. 法令データ提供システム (2017年3月28日). 2017年9月8日閲覧。
  2. ^ a b よくあるご質問(法令検索内)”. 2016年2月26日閲覧。
  3. ^ 廃止法令等一覧”. 法令データ提供システム. 2016年2月26日閲覧。
  4. ^ 旧法令データ提供システムの公開停止について(10/2(月)午前) 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

外部リンク[編集]