池田禎政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 禎政(いけだ ただまさ、1895年(明治28年)4月22日 - 1920年(大正9年)1月18日)は、日本の華族侯爵)。旧岡山藩池田家第14代当主。

父は池田詮政。母は久邇宮朝彦親王の三女安喜子女王。26歳で早世し、未婚により子供がいなかったため、弟の政鈞(後に宣政と改名)が家督を相続した。

経歴[編集]

兄弟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)3頁


日本の爵位
先代:
池田詮政
侯爵
岡山池田家第3代
1909年 - 1920年
次代:
池田宣政
家長
先代:
池田詮政
岡山藩池田家14代当主
1909年 - 1920年
次代:
池田宣政