江戸むらさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

江戸むらさき(えどむらさき)とは、日本の食品会社「桃屋」の、ノリ(海苔)佃煮製品の商品名。

歴史[編集]

1950年に第1号商品「グリーンラベル」を発売開始。1920年に創業した桃屋にとっては初の大ヒット商品となった。

本来「江戸紫」とは、古来の染物の色名であるが、佃煮に使用される醤油の別名「ムラサキ」に掛けた名称である。

原材料となる海苔は、三重県伊勢湾で採れた青海苔ヒトエグサ)を発売当初から使用し、醤油・砂糖水飴で味を調えて釜で炊き上げて作る製法・味付けは現在まで変わっていない。発売当初は職人の手で行われていたが、現在はすべて機械化されている。こうしたことから発売当時、戦後の食糧難でサッカリンズルチンなどの人工甘味料を使った佃煮が出回っていたこともあり、「良い海苔 良い味 何はなくとも江戸むらさき」をキャッチコピーに掲げ、本物志向である海苔であることをアピールした。

海苔の佃煮の代名詞といえる商品で、他にも「ごはんですよ!」シリーズ、「あまいですよ!」、「江戸むらさき特級」など豊富なラインナップが揃っており、椎茸明太子紫蘇などが混ぜられた商品もある。

CM[編集]

戦後喜劇俳優三木のり平自筆の似顔絵を使った新聞広告が話題となり、1958年からその似顔絵をモチーフとしたキャラクターによる、アニメのテレビCMエイケン制作)で知られる。三木の没後はナレーターを長男の小林のり一が引き継いだ。また、TBSラジオ他で1968年から2013年まで放送された桃屋一社提供のラジオ番組『永六輔の誰かとどこかで』ではエンディングで桃屋の永六輔遠藤泰子による桃屋のCMを流した後、遠藤が「この番組は、何はなくとも江戸むらさき、花らっきょうでおなじみの桃屋がお送りいたしました。」のスポンサー読みで締める。

ラインナップ[編集]

現在発売中の製品[編集]

  • 江戸むらさき(グリーンラベル) - 1950年発売。かつては大瓶と小瓶が発売されていたが、2017年現在は小瓶のみ発売。
  • 江戸むらさき 特級 - 1963年発売。鰹節の風味を生かして高級感を追求した商品。
  • ごはんですよ! - 1972年発売。しっとり感を高めた、シリーズの基幹商品。
  • ごはんですよ! しいたけのり - 椎茸を配合。「しいたけのり」としては1968年から発売していた。
  • あまいですよ!
  • 梅ぼしのり - 1988年発売。
  • 唐がらしのり - 1998年発売。
  • 青じそのり - 2004年発売。
  • 角切りのり(ごまラー油味)
  • 角切りのり(甘辛かつお醤油味)
  • 江戸むらさき 生のり

過去に発売されていた製品[編集]

  • なめ茸むらさき
  • 幼なじみ - 1969年発売。子供向けに甘めになっていた。シリーズで唯一、のり平キャラクターがラベルに描かれていた。
  • 石狩 - を配合。に扮したのり平がラベルに描かれていた。
  • お父さんがんばって! - 減塩減糖。「ごはんですよ!」と共に一時期は基幹製品だった。
  • オ!イCです(おいしいです)- ビタミンEカルシウム配合。
  • OCaさん鉄だって!(おかあさんてつだって)- オリゴ糖・カルシウム・鉄分配合。
  • 海苔も変わった - 非佃煮タイプ。乾燥海苔を刻み、胡麻などを配合したもの。
  • いただきます!
  • ハ長調
  • 辛子明太子のり
  • 江戸むらさき 生のり特級
  • しいたけのり
  • 帆立貝柱のり
  • 花椒のり
  • ごはんですよ! 元気っ子 - ニンジンジュースとカボチャペーストを配合し、より子供向けに。CMは珍しく「のり平アニメ」を使用せず、クマの子供が登場するアニメを放送。
  • ごはんですよ! ジャンケンポン
  • ごはんですよ! 減塩

外部リンク[編集]