水龍敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水龍 敬(みずりゅう けい、1983年12月19日 ー )は、日本漫画家イラストレーター男性千葉県出身[1][2]

概要[編集]

早稲田大学在学中の2005年より、同人サークル「ありすの宝箱」として同人活動を開始。大学卒業後、IT企業にSEとして就職するが2009年に退職[1]。サークル名は自身のホームページを当初、PSゲーム『ありす in Cyberland』の攻略サイトとして立ち上げたことに由来している[3]

2006年に成人向けアンソロジーでデビュー。性に開放的な女性を描いた漫画が多い。速筆で、2日で同人誌を描いたことがある[4]

2014年に初の単行本『貞操観念ZERO』を刊行。同年から自身の作品世界を題材とした『水龍敬ランド』シリーズを執筆し、実際にイベントも行われた[5]が、『水龍敬ランド』自体は本人の発案ではない[6]

主に『コミックホットミルク』などで成人向け漫画を発表する一方、ボーイズラブゲーム『復讐帝國』の原画や、BL漫画誌『Boysfan』の表紙なども担当している。またサークル「WATER DRAGON」としてコスプレ写真集も撮影、制作している。

2020年から「バーチャルアミューズメントパーク園長」と称してVtuberとしての活動を開始[7]。本体は自画像として用いている頭の上のネコであり、「受肉」ではなく「騎乗」であるとしている。また、自身もVtuberとして活動を行う傍ら、他のVtuberにスーパーチャットを投稿するなど熱心な視聴者の一人として活動し、一部批判はあったものの、配信者や概ねのリスナーからも歓迎を受けていた。

2021年、突如としてtwitterでホロライブ運営とのトラブルを投稿。自身の取り分を巡りトラブルになったホロライブ運営をBilibiliに抱える中華信者を扇動してつぶさせようとしたが、南京大虐殺を否定する旨の内容を寄稿していたことが判明し炎上。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • ラブスレイヴ(コミックMeDu、2019年 - )

単行本[編集]

  • 貞操観念ZERO(コアマガジン、2014年8月9日)
  • ようこそ水龍敬ランド(コアマガジン、2018年9月22日)
  • 異色ビッチとヤリサー生活(エンジェル出版、2018年11月16日、作画:うめ丸)
  • 貞操観念ZERO新装版1(コアマガジン、2019年10月10日)
  • 貞操観念ZERO新装版2(コアマガジン、2019年10月10日)
  • 色欲INFINITE(コアマガジン、2019年11月25日)
  • MC学園 完全版(コアマガジン、2020年6月19日)

イラスト[編集]

ゲーム原画[編集]

  • 貞操観念ZERO ヤリマン家族とハメ狂い夏休み(DWARFSOFT、2015年11月13日)
  • おいでよ!水龍敬ランド~家族とスケベなテーマパーク!~(ルネソフト、2017年7月28日)
  • 復讐帝國(HolicWorks、2017年11月30日)
  • 対魔忍アサギ 決戦アリーナ
  • ビキニウォリアーズ モンスターの逆襲
  • サークレット・プリンセス
  • 先生、学校でしようよ!
  • メイドリーム~従順メイドのHなご奉仕~
  • カリスマドクター ~僕の病院へようこそ~

OVA[編集]

  • おいでよ!私立ヤリまxり学園 潔癖会長・ミラ~ハメ濡らし妄想天下~(エイ・ワン・シー、2016年10月28日)
  • おいでよ!水龍敬ランド #1はじめての水龍敬ランド(ルネピクチャーズ、2017年8月25日)
  • おいでよ!水龍敬ランド #2下半身のアイドル☆ホーニィセントリー(ルネピクチャーズ、2017年9月29日)
  • ジュヴナイルポルノグラフィ THE ANIMATION(BOOTLEG、2017年12月1日)
  • 色欲INFINITE Vol.1(Queen Bee、2020年8月28日)
  • 色欲INFINITE Vol.2(Queen Bee、2020年10月23日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 水龍敬の個人イラスト展『水龍敬ランドの世界』が2017年10月14日(土)より開催!!”. とらのあなインフォメーション. 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ ラブスレイヴ. “ラブスレイヴ”. COMIC MeDu|コミックめづ. 2019年10月6日閲覧。
  3. ^ 【#Eのから騒ぎ】超有名漫画家が大集合!センシチブ漫画家編【因幡はねる / あにまーれ】”. (該当時間22分45秒~). Youtube. 2020年9月1日閲覧。
  4. ^ Enty. “Post:【無料】同人作家にインタビュー!漫画 【水龍敬】さん ①〜④ | Enty[エンティ]”. Enty. 2020年11月9日閲覧。
  5. ^ 水龍敬ランド アーカイブ”. フェチフェスブログ. 2019年10月6日閲覧。
  6. ^ おいでよ水龍敬ランド”. Togetter. 2019年10月6日閲覧。
  7. ^ 水龍敬 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]