気絶するほど悩ましい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
気絶するほど悩ましい
Charシングル
収録アルバム Char II have a wine
A面 気絶するほど悩ましい
B面 FURUETE NEMURE
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
SEE-SAW
作詞・作曲 阿久悠
梅垣達志
Char
チャート最高順位
Char シングル 年表
NAVY BLUE
1976年
気絶するほど悩ましい
1977年
逆光線
1977年
テンプレートを表示

気絶するほど悩ましい』(きぜつするほどなやましい)、Charの2枚目のシングル。

概要[編集]

  • 1年ぶりのシングルは阿久悠が作詞を担当し、初の非自作曲である。
  • シングル売上は30万枚を記録[1]
  • 同年11月に発売されたアルバム「Char II have a wine」に収録の同曲はアコースティックギターとパーカッションのみで伴奏される別テイク。
  • Charの2015年5月のアニヴァーサリー・アルバム「ROCK+」に、福山雅治が楽曲提供した『7月7日』は、『気絶するほど悩ましい』のアンサーソングだという[2]

収録曲[編集]

  1. 気絶するほど悩ましい
    作詞:阿久悠 作曲:梅垣達志 編曲:佐藤準
  2. FURUETE NEMURE
    作詞:阿久悠 作曲:Char 編曲:佐藤準

カバー[編集]

  • 梅垣達志(1976年、アルバム『CAT A LOG』に収録)
  • 沖田浩之(1982年、シングル)
  • ISSA(2008年、アルバム『VISION FACTORY COMPILATION 〜阿久悠、作家生活40周年記念〜』に収録)

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、421頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ Char×福山雅治対談「提供した曲は40年前のアンサーソング」 - マイナビ

関連項目[編集]