武内神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武内神社
Takeuchi-jinja01.JPG
本殿
所在地 京都府相楽郡精華町大字北稲八間小字北垣外45
位置 北緯34度46分1.67秒
東経135度46分58.98秒
座標: 北緯34度46分1.67秒 東経135度46分58.98秒
主祭神 武内宿弥命
社格村社
創建 1317年(文保元年)
地図
武内神社の位置(京都府内)
武内神社
武内神社
テンプレートを表示

武内神社(たけうちじんじゃ)は、京都府相楽郡精華町にある神社[1]旧社格村社

祭神[編集]

武内宿弥命を祀る。

歴史[編集]

文保元年(1317年)、男山八幡宮より勧請して創立されたという。この神社には、創立以来の棟札がすべて(21札)残されている[1]

境内[編集]

境内社[編集]

[2]

文化財[編集]

有形文化財(府登録)[編集]

  • 武内神社本殿 1棟:鎌倉時代の神社建築の特徴を残した造りとなっており、江戸時代中期の建立とされている。1983年(昭和58年)4月15日に京都府登録有形文化財に登録された[3][4]。上葺にある棟札は21点が発見されており、神社のある北稲八間村の変遷を知る貴重な資料として、内16枚の棟札が府の登録有形文化財に登録されている[4]

文化財環境保全地区(府決定)[編集]

  • 武内神社文化財環境保全地区:1983年(昭和58年)4月15日、上述の文化財と共に決定[5]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

参考文献[編集]

  • 『精華町の寺社と美術』(改訂版、編集:精華町史編さん委員会、精華町、1991-3-31)

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]