櫻田浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

櫻田 浩三(さくらだ こうぞう、1941年4月19日 - 2016年4月21日[1])は岩手県出身の元騎手・元調教師

来歴[編集]

1961年から東京オリンピック馬術競技の日本代表候補生に選出され、出場馬の世話をするために東京で生活した。1965年からは郷里・岩手に戻って繋駕速歩専門の騎手となり、後に平地競走の免許も取得。1969年には高額賞金レースを数多く制し、大舞台に強い騎手として確固たる地位を築いた。1971年には繋駕速歩が廃止となり、1974年に引退して同年からは調教師へ転身。4月13日水沢第2競走・イセヒカリオーで初出走初勝利を飾り、2年目の1975年にはサカノエミールが南部駒賞を勝って重賞初制覇。その後は順調に勝ち星を重ねていき、1988年2000年にはリーディングトレーナーを獲得。遠征での活躍も目立ち、1999年と2000年には2年連続で管理馬(ガッサンヒカリ、ガッサンホワイト)がJRAの3歳特別戦(中山芝1200m・黒松賞)を勝利。ダートグレード競走では2006年オウシュウクラウンジャパンダートダービーで3着に入り、パラダイスフラワーエーデルワイス賞を制覇。特にオウシュウクラウンは2006年の岩手競馬年度代表馬にも輝いている。2015年には6月7日盛岡第3競走をサプライズハッピーで勝利し、現役最多で歴代2位の1800勝を達成。晩年は体調不良で入退院を繰り返すようになり、2016年4月21日に死去。享年75歳。

調教師としての通算成績は地方競馬13553戦1843勝、中央競馬34戦2勝[1]

主な管理馬[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 岩手競馬所属 櫻田浩三調教師の逝去について”. 岩手競馬オフィシャルページ (2016年4月22日). 2017年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 調教師情報 - 地方競馬情報サイト(地方競馬全国協会)

関連項目[編集]