橋本卯太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はしもと うたろう
橋本 卯太郎
生誕1869年3月
日本の旗 日本
岡山県下道郡秦下村
(現在の総社市秦)
死没1938年7月7日(69歳没)
出身校東京工業学校
(のち東京高等工業学校、現東京工業大学
職業実業家
配偶者橋本マツ
子供橋本宇一(長男・金属工学者)
橋本宙二(二男・海軍軍人、実業家)
橋本乾三(三男・検事、認証官)
橋本龍伍(五男・大蔵省官僚、政治家)
橋本虎六(六男・薬理学者)
理家(長女・橋本良平の妻)
光枝(二女・天野潔の妻)
橋本龍太郎(龍伍の長男、内閣総理大臣)
橋本大二郎(龍伍の二男、高知県知事)
橋本岳(龍太郎の二男、厚生労働大臣政務官)

橋本 卯太郎(はしもと うたろう、明治2年(1869年3月 - 昭和13年(1938年7月7日)は、日本実業家大日本麦酒(現・サッポロビール)の常務取締役を務めた。酵母を扱う技師から常務に出世した[1]、明治、大正期における郷土出身の立志伝中の一人である[2]東京府平民[3]

厚生大臣文部大臣などを歴任した橋本龍伍の父。内閣総理大臣を務めた橋本龍太郎高知県知事を務めた橋本大二郎の祖父。衆議院議員橋本岳の曾祖父。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

橋本源三郎の長男[4]として岡山県下道郡秦下村(現総社市秦)の旧家に生まれた[2]。たびたびの高梁川の洪水に見舞われ、家は流され、田畑は荒れ、非常に貧乏だった[2]

農民だった卯太郎は[1]わらじをつくって旅費をかせぎ、明治20年(1887年)、20歳のとき「男子一たび郷関を出づ、功ならずんば二度と郷土にまみえず」と意を決し、東京へ出た[2]

学生時代[編集]

東京では苦学力行、新聞配達や牛乳配達で生計を立て、雪をかんで空腹をいやし、新聞のふとんで寒さをしのぐなど、血の滲むような苦労をした[2]

明治27年(1894年東京工業学校(後に東京高等工業学校と改称、現東京工業大学)機械科を卒業した[4]

大日本麦酒[編集]

馬越恭平に見込まれ、日本麦酒株式会社に入社する[1]。明治33年(1900年)、醸造業視察のため欧州各国に派遣される(1901年まで)。明治38年(1905年)、麦酒機械購入のため再び欧州へ派遣される(1906年まで)。

明治39年(1906年)、札幌麦酒、大阪麦酒、日本麦酒の3社が合併し、大日本麦酒株式会社が誕生した。卯太郎は引き続き機械課長工務部長に就任する。

大正8年(1919年)に取締役に就任、大正10年(1921年)に常務取締役に就任する。技術重役として大成した[2]

人物像[編集]

  • 『明治大正人物史』による記述[4]
    明治二年三月生る。岡山県人橋本源三郎の長男なり。同三十一年養兄富平方より分れて一家を創立す。幼より沈着誠実、悠々として迫らざる態度は大人の風ありて、その大成を嘱望せらる。長じて東京高等工業学校に学び、二十七年同校機械科を卒業するや、直ちに大日本麦酒株式会社に入る。温厚円満の人格と、機宜に当る手腕とは君をして工務部長に累進、更に常務取締役に挙げしめ、現にその任にありて活躍しつつあり。書画骨董に趣味を有し、閑日月を活動の間に求むるところ奥床しとも云ふ可し。
  • 橋本明著『戦後50年・年譜の裏面史 昭和抱擁 -天皇あっての平安-』112頁による記述[1]
    橋本龍太郎首相の祖父卯太郎は農民だった。岡山県吉備郡秦村(現・総社市)が高梁川の氾濫で水没すると上京、新聞配達をしながら苦学して高等工業学校を卒業。馬越恭平日本ビール社長に見込まれ入社した。当時専務をしていた石光真澄が卯太郎の人柄を見抜いて「妹・真都を嫁に…」と望み、二人は馬越の媒酌で結婚する。酵母を扱う技師から常務に出世した卯太郎は8人の子宝に恵まれた。男六人には「宇宙乾坤龍虎」に数字をつけて命名した。
  • 元衆議院議員山崎始男による回想[2]
    橋本先生のお父様橋本卯太郎氏は、明治、大正期における郷土出身の立志伝中の一人であります。総社市秦の旧家に生まれられましたが、たびたびの高梁川の洪水に見舞われ、家は流され、田畑は荒れ、非常に貧乏なおうちでありました。向学の精神に燃えた宇太郎氏は、わらじをつくって旅費をかせぎ、明治の二十年、ちょうど二十才のとき、男子一たび郷関を出づ、功ならずんば二度と郷土にまみえずと意を決し、東京へ出られたのであります。
    以来、苦学力行、新聞を配達したり牛乳を配ったり、雪をかんで空腹をいやし、新聞のふとんで寒さをしのぐなど、まことに血の出るような苦労をされまして、ついに蔵前の東京高等工業学校機械科を卒業されたのであります。卒業の年、あたかも馬越恭平先生がヱビスビールの社長として工場創設の年に当たり入社され、ついに後年技術重役として大成をされたのであります。
  • その他、書画骨董に趣味を有す。岡山県吉備郡秦村(現総社市)、東京府豊多摩郡渋谷町景丘(現渋谷区)等に居住した。

家族・親族[編集]

橋本家の人々、昭和16年(1941年)撮影

橋本家[編集]

岡山県下道郡秦村(現総社市)、東京府豊多摩郡渋谷町[3](現東京都渋谷区))

参考文献[編集]

  • 『現代人名辞典』 1912年 ハ61頁
  • 橋本明『昭和抱擁 天皇あっての平安』 日本教育新聞社 1998年 112-114頁
  • 『明治大正人物史』第3巻 日本図書センター 2004年 ハ5頁

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 橋本明著『戦後50年・年譜の裏面史 昭和抱擁 -天皇あっての平安-』112頁
  2. ^ a b c d e f g 『衆議院会議録情報 第042回国会 本会議 第1号』
  3. ^ a b c 『人事興信録 5版』(大正7年)は八五
  4. ^ a b c 『明治大正人物史』
  5. ^ 石光真清著『城下の人』

関連項目[編集]