樋口健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ママデモ主催講座で講演する樋口健二

樋口 健二(ひぐち けんじ、1937年3月10日 - )は、日本の報道写真家四日市ぜんそくをはじめとする高度経済成長による日本中の公害炭鉱原子力発電所における放射能による犠牲者、被ばく労働、遡ること、戦争の最大の犠牲者 皇軍兵士たちの生存者たちへの唯一の取材や、ジュネーブ条約を破った当時の日本軍による、毒ガス製造命令を、何を製造しているか知らされないまま防護服もマスクも無しに製造させられて犠牲となった 毒ガスの犠牲者(戦争当時少年少女)等への誠実な切実な撮影取材、また 反戦で知られる古今東西の芸術家たちの取材撮影、戦争の記憶の新しい時期の沖縄取材など、常に弱者や一般に生きる人々の側の歴史的真実の写真取材で知られている。犠牲者との了解を得たうえでの撮影によるそのありのままの痛ましい遺言のような写真は、2019年現在、日本よりも海外での評価が高い。

日本写真芸術専門学校副校長、日本ジャーナリスト専門学校客員講師、日本写真家協会会員、世界核写真家ギルド会員[1]

経歴[編集]

長野県諏訪郡富士見町生まれ。東京綜合写真専門学校を卒業し、その後同校の助手を経てフリーカメラマンとなる[2]。1960年代より公害、労働災害、環境汚染等の問題を追う。

1964年、東京綜合写真専門学校卒業。同校助手を経てフリーへ。

1969年、四日市公害を撮影した『白い霧とのたたかい』写真展(東京、大阪、四日市、新産業都市)

1974年、国連主催世界環境写真コンテスト・プロ部門『四日市』入賞。

1983~84年、『毒ガス島』写真展(東京、大阪、名古屋キャノン・サロン、広島・平和祈念資料館)開催。

1985年、『原発』写真展、市民の手で全国開催。

1987年、ニューヨークでの第1回核被害者世界大会で日本の原発被曝の実態を報告した。スリーマイル島取材撮影。

1987年~88年、『原発』『四日市』写真展を台湾にて開催。

1988年、世界核写真家ギルド展に『原発』を出展し、ベルリンモントリオールミュンヘンニューヨークトロント他で開催。

1990年~93年、日本の報道写真家4人展『原発』出展。

1995年、英国の公共テレビ局チャンネル4のリポーターとして起用され、ドキュメンタリー『日本の原発ジプシー』を追う「隠された被曝労働 〜日本の原発労働者〜」放映。("Nuclear Ginza")において原子力発電所における労働災害を取材[3][nb 1]

2001年、核廃絶NGO「ワールド・ウラニウム・ヒアリング」(本部ドイツ)創設の『核のない未来賞』教育部門賞、日本人として初受賞。同年、『被曝実態』写真展を外国特派員協会ロビー&ギャラリーにて開催。

2005年、『日本列島1966-2005』展東京にて開催。

2006年、『憧憬富士』展を東京にて開催。

2009年~10年、日本、韓国、中国のドキュメンタリー写真展出展。

2011年、「原発被曝の実態」を全国各地域にて巡回展。第17回平和・協同ジャーナリスト基金(PCJF)基金賞(大賞)受賞。

2012年、『原発崩壊 1973年~2011年』受賞記念展を東京・大阪にて開催。

2011年以降、講演会多数。

2013年、NHK取材により全国放送にて「樋口健二〜原発・被爆労働者を撮影し続けてきたフォトジャーナリスト」として放送される。

2014年、9月韓国にて初めての写真展&講演会。日韓原子力ワークショップに招待され、映像による講演会。

2013年から『Mamademo(ママデモ)』主催による講演会&写真展多数。英・台・韓・仏・独ポーランドなど海外での評価が高く、取材も多数。

2017年3月11日、樋口健二の講演を企画主催のMamademo代表 魚ずみちえこ(2013年より樋口健二 公認写真管理人)等メンバー、ドイツ、デュッセルドルフにて原発反対のデモ参加に伴い、樋口健二講演会と写真展(3ヶ月のロングラン)開催。イギリス、ロンドンにて、JapaneseAgainstNukesの招待により、国会議事堂でも講演会(樋口)とspeech(魚ずみ)。

2019年/2月~4月、 SayonaraNukesDuesseldorfによる樋口健二写真展開催。

2020年1月11日~3月29日、樋口健二写真展「富士と山麓」東京都調布市PlazaGalleryにて。

2020年4月~、SayonaraNukesDuesseldorf主催、樋口健二写真展及び講演会、その他ヨーロッパ各地講演会予定。


2011年の福島第一原子力発電所事故以来、樋口の仕事は注目を浴びてきている[5]

2013年以降、Mamademo主催による多数の講演会。広瀬隆(樋口健二を"我が師"と呼ぶ)、反戦、反核の講壇士 神田香織、童話作家・翻訳家だけでなく、反核・反戦・平和への活動でも有名な日本語を自在に豊かに操る詩人 アーサー・ビナード、参議院議員・山本太郎等とのコラボレーションによる講演会が話題を集めている。

2016年~2018年、毎年11月 小出裕章(工学者、元京都大学原子炉実験所助教授)とのコラボ講演会は、地球の自然環境破壊と人権破壊を続ける巨大な権力と立ち向かい続けるという共通点から、話題を呼んでいる。

2018年11月11日、Would BEYOND Warの依頼で、『Armistice 100anniversary ~WHAT IS THE WORST KIND OF DISCRIMINATION~世界最悪な差別とは!?』で、日本以外の世界へ『Poison Island 毒ガスの島』についての真実を名古屋にて講演。

2018年11月、ルポライター 鎌田慧とのコラボ講演会。

報道写真家として、日本のマスメディアが益々政府御用達となり、起きた事実ばかりで真実を報道しないことを痛烈に批判している。『報道とは、権力のためにあらず。必ずその時の弱者に寄り添い、権力に迎合せず、事実に基づいて真実を追求することである。』『Journalism does not side with people in power, but the individuals who are in need at the time of reporting; or it panders to the authorities but it pursues and presents truths based on facts.』 と、常に公言している。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 樋口健二『闇に消される原発被曝者』三一書房、1981年5月。ISBN 4-380-81243-X
  • 樋口健二『売れない写真家になるには 四日市 毒ガス島 原発』八月書館、1983年10月。ISBN 978-4-938140-02-1
  • 樋口健二『原発被曝列島』三一書房、1987年12月。ISBN 4-380-87223-8
  • 樋口健二『アジアの原発と被曝労働者』八月書館、1991年1月。ISBN 978-4-938140-18-2
  • 樋口健二『これが原発だ カメラがとらえた被曝者 (岩波ジュニア新書)』岩波書店、1991年7月。ISBN 978-4-00-500194-1
  • 樋口健二『日本破壊列島 1970-1990』三一書房、1992年10月。ISBN 4-380-92244-8
  • 樋口健二『闇に消される原発被曝者』御茶の水書房、2003年5月。ISBN 4-275-01946-6
  • 樋口健二『はじまりの場所 日本の沸点』こぶし書房、2006年9月。ISBN 978-4-87559-210-5
  • 樋口健二『環境破壊の衝撃1966-2007 (新風舎文庫)』新風舎、2007年12月。ISBN 4-289-50761-1
  • 樋口健二 『新装改訂 原発被曝列島』 三一書房、2011年8月。ISBN 978-4-380-11000-9
  • 樋口健二 自伝 『無声慟哭 VoicelessCries』2015年3 月。電子書籍 (荒井潤編集)
  • 樋口健二 写真・文 『毒ガスの島』~棄民たちの記録~ /こぶし書房、2015年6月。
  • 樋口健二 写真・文 『忘れられた皇軍兵士たち』/こぶし書房、2017年7月。

写真集[編集]

共著[編集]

カトレア会[編集]

1981年から報道写真ゼミ卒業生を中心に始まった樋口による無料写真塾の名称。第一期生にはアフガニスタンで取材中に爆死(1988年10月2日)した南條直子(享年32歳)がいる。南條直子はルポタージュ1冊、写真集1冊を遺しての無念の死を遂げた。後年、アメリカのドキュメンタリー映画班が彼女を取り上げた映像がある。BBCで放映され、逆輸入でテレビ朝日が1時間番組で放映した。後輩たちは彼女の偉業に続けと、写真展、写真集を出版して、今日に至っている。樋口は、このカトレア会の自分の教え子たちの中で、今、フォトジャーナリズム界で羽ばたく若手メンバーたちを数名挙げている。スポーツ写真界では、山口益路。ドキュメンタリー方面では、鈴木邦弘(「森の人・ピグミー」でニコンサロン賞受賞)。宇井眞紀子は、アイヌ民族を長年追い、5冊の写真集を出版し、多数の写真展を開催し続けている。

笹本恒子写真賞の第1回目と、東川町の特別賞他受賞の前田春人は、南アのアパルトヘイトの写真集で日本写真協会新人賞も受賞している。中田総一郎は「星のしゃぼう」で相模原写真賞の新人賞を受賞。豊里友行も同賞を受賞。長野良市は、熊本日々新聞社の出版文化賞などを受賞。風景写真の広瀬敦司は「高尾山」、「東京の里道I、II」、「伊豆の風景」の撮影で有名。伊原美代子はネコと祖母の情愛を描いた写真集で10万部を出版し、成功を収めた。歌舞伎町を20数日間追った写真集で講談社出版文化賞を受賞した権徹(ゴンチョル)がいる。現在までにカトレア会メンバーは75冊の本を出版している。ここに名前を挙げきれなかった写真家が何名も活動している。

脚注[編集]

  1. ^ このフィルムのNHKでの公開は封じられた[4]

出典[編集]

  1. ^ 『環境破壊の衝撃1966-2007』初版(樋口健一, 2007)のカバーより
  2. ^ 樋口健二写真集『原発』 隠された被曝労働者 (Liberal Utopia 持続可能な世界へ)(2009年7月9日時点のアーカイブ
  3. ^ 隠された被曝労働 〜日本の原発労働者〜(2010年6月4日時点のアーカイブ
  4. ^ Richard Wilcox (2011年4月13日). “Testimony from Japan: "A Ship with no Captain". Evolving Coverup of a Nuclear Disaster...”. Center for Research on Globalization. 2011年4月18日閲覧。
  5. ^ Michael Alison Chandler (2011年4月10日). “In Japan, new attention for longtime anti-nuclear activist”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/world/in-japan-new-attention-for-longtime-anti-nuclear-activist/2011/04/05/AFMTG3GD_story.html 2011年4月18日閲覧。 
  6. ^ Kenji Higuchi, 2001 Nuclear-Free Future Education Award Recipient(2002年3月18日時点のアーカイブ

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]