森源次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 源次郎(もり げんじろう、1964年3月25日[1] - )は、日本俳優[1]東京都出身[1][2]。身長 168cm、血液型はA型[1]オフィスPAC所属[2]。劇団Pカンパニー所属の劇団員[3]

略歴[編集]

  • 文学座付属演劇研究所研修科を経て、木山事務所俳優養成所卒業(11期生)となる[3]
  • 平成10年度(2000年)に文化庁芸術インターンシップ国内研修員として研修を積む[3]

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 夢、ハムレットの〜陽炎篇〜(Pカンパニー第6回公演)
  • 死者を埋葬れ
  • 坊っちゃん
  • 私の下町ー母の写真(シアターサンモール
  • 美しきものの伝説(新国立劇場
  • 浅草パラダイス(新橋演舞場
  • 音二郎・イン・ニューヨーク(俳優座劇場
  • 慶応某年ちぎれ雲(俳優座劇場)
  • Othello(東演パラータ
  • 道遠からん(俳優座劇場)
  • ポンコツ車と五人の紳士(西池袋スタジオP)
  • 港町ちぎれ雲(2004年)
  • 赤い鳥の居る風景(2004年、三百人劇場)(2006年9月6日 - 9月8日、木山事務所、新国立劇場)
  • 劇団木山事務所「仮名手本ハムレット」(2004年1月21日 - 25日、東京芸術劇場 中ホール)
  • 演劇集団『the L.B.T.』第2回公演「さんにん姉妹」(2008年1月23日 - 1月27日、しもきた空間リバティ) - トゥーゼンバッハ男爵 役 ※(ニコライ/ニコラーシャ)陸軍中尉
  • 死んだ女(2009年、西池袋スタジオP)
  • ホテル・タイガ(2010年)
  • 劇団名取事務所 ロシア現代劇連続上演シリーズ第2作「雰囲気のある死体」(2012年)
  • むりがとおれば(2012年)
  • 豊島区区政施行80周年記念 第24回池袋演劇祭特別参加作品―南大塚ホールリニューアル記念公演― 劇団俳小「トキワ荘の夏」(2012年9月1日 - 3日、南大塚ホール)
  • Pカンパニー 第10回公演 別役実vs竹本穣 日替わり公演PART III Aプロ『とうめいなすいさいが』Bプロ『鼎たたいて鳴るよしもがな』(2013年4月24日 - 29日、池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER)

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

吹き替え[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ボイスオーバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 森源次郎”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ a b 森源次郎”. オフィスPAC. 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ a b c 森源次郎”. 所属俳優一覧. 劇団Pカンパニー. 2017年4月22日閲覧。
  4. ^ グレタ GRETA”. スター・チャンネル. 2020年3月30日閲覧。
  5. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  6. ^ 【公式】侍魂オンラインー朧月伝ーの2019年7月27日のツイート2019年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]