森山裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森山 裕之(もりやま ひろゆき、1974年 - )は日本編集者長野県出身。

経歴[編集]

長野県長野高等学校を経て、1995年獨協大学外国語学部卒業。文芸編集者志望であったが新卒時は出版社に受からず、印刷会社に入社して営業マンとなり、大手出版社の純文学の部署を担当した[1]。その後フリーライターを経て、2001年太田出版に入社、『クイック・ジャパン』などサブカルチャー誌の編集を手掛ける。

『クイック・ジャパン』時代に『はねるのトびら』などお笑いの特集を多く組んでいたことが縁になって、2008年よしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍。『マンスリーよしもと』の編集長となり、『マンスリーよしもとPLUS』へのリニューアルを経た後も引き続き編集長を務める。又吉直樹の文才にいち早く目を付け、「東京百景」の連載をもたせた。ヨシモトブックス編集発行人、代表取締役、よしもとクリエイティブ・エージェンシー執行役員を経て退社し、2016年に出版社「スタンド・ブックス」を設立。「文化系トークラジオ Life」ではサブパーソナリティも務めている。

略歴[編集]

脚注[編集]