梅山豚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅山豚

梅山豚(めいしゃんとん・めいさんとん)とは、中国の太湖豚(タイフウトン)系の原種豚の品種名。また、茨城県猿島郡境町塚原牧場の登録商標名でもある[1]

なお、中国においては豚と猪は同義でもあるため、梅山猪という表記もある。

日本では塚原牧場が幻の豚と呼んでいる。中国国内でもほとんど流通していない[2]

概要[編集]

梅山豚は、中国太湖豚系の原種豚でる。『西遊記』に登場する「猪八戒」、『封神演義』に登場する「梅山七怪」の「朱子真」のモデルになったとも言われている。

多産系のブタであり、雑食という特徴を持つ[3]

日本での梅山豚については、1972年日中国交正常化の際にジャイアントパンダに続いて、梅山豚10頭が寄贈されたことに始まる。

その後、民間においては、1989年に塚原牧場が雄2頭、雌10頭を初めて輸入した。しかし、翌1990年に中国政府が禁止品目に指定(指名で指定したのか包括指定で被ったのかは不明)したため、日本で飼育されている梅山豚は、農林水産省塚原牧場を合わせて100頭前後しかいない。

梅山豚の多産遺伝子を特定し、生産効率の向上に活用する研究が畜産草地研究所で行われている。

塚原牧場から主に出荷されているのは、梅山豚の雌とデュロック種の雄を交配した梅山豚のF1種である[2]

クローン豚[編集]

農業生物資源研究所農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所、プライムテック[4]が協力し、2000年7月2日に世界では2番目、日本では初の事例となるクローンゼナを誕生させた。このゼナは梅山豚の雌である[5]

塚原牧場[編集]

株式会社 塚原牧場[6]
種類 株式会社
本社所在地 306-0433
茨城県猿島郡境町2170‐1
設立 2002年6月
事業内容 梅山豚(メイシャントン)の生産から販売
代表者 塚原 昇
資本金 3,220万円
従業員数 18人
外部リンク http://www.meishanton.com/
テンプレートを表示

塚原牧場は茨城県猿島郡境町の企業である。

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]