桂歌助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かつら 歌助うたすけ
本名 関口せきぐち のぼる
生年月日 (1962-09-19) 1962年9月19日(60歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県十日町市
師匠 桂歌丸
弟子 桂れん児
名跡 1. 桂歌児
(1985年 - 1990年)
2. 桂歌助
(1990年 - )
出囃子 十日町小唄
活動期間 1985年 -
所属 落語芸術協会
公式サイト 歌助かわら版
備考
落語芸術協会監事
(2021年6月 - )

桂 歌助(かつら うたすけ、1962年9月19日 - )は、新潟県十日町市出身の落語家落語芸術協会所属。本名∶関口 昇出囃子は『十日町小唄』。

経歴[編集]

新潟県立十日町高等学校を経て東京理科大学理学部数学科卒業。

1985年12月に桂歌丸に入門。前座名は「歌児」で1986年5月に前座になる。

1990年6月、二ツ目昇進し「歌助」に改名。

1999年5月、真打昇進。これをきっかけに「東海道五十三次一宿一席宿場寄席」として、東海道を歩きながらの活動をする。2000年4月から7月にかけてテレビ時代劇水戸黄門に出演。

人物[編集]

囲碁はアマチュア有段者の腕前であり、2016年5月に本因坊戦能代市で実施されるのにあわせて、同地で独演会を実施した[1]。また、NHKの番組囲碁フォーカスで、2019年度・2020年度に「囲碁川柳・なぞかけ・創作四字熟語」のコーナーに出演した。

芸歴[編集]

弟子[編集]

  • 桂れん児 - 前座

出演作品[編集]

著書[編集]

  • 「師匠 歌丸 背中を追い続けた三十二年」(イースト・プレス、2018年7月) ISBN 978-4781616933

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]