桂夏丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かつら 夏丸なつまる
本名 阿倍あべ 清彦きよひこ
生年月日 (1984-08-15) 1984年8月15日(35歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県吾妻郡東吾妻町
師匠 桂幸丸
名跡 1. 桂夏丸(2003年 - )
出囃子 箱根八里
活動期間 2003年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会

桂 夏丸(かつら なつまる、本名:阿部 清彦(あべ きよひこ)、1984年8月15日 - )は、群馬県吾妻郡吾妻町(現・東吾妻町)出身、落語芸術協会所属の噺家俳人出囃子は『箱根八里』。

人物と芸風[編集]

父は根付作家、母は声楽家。小学生の頃から落語俳句に熱中して東京まで寄席通いを続け、群馬県立渋川青翠高等学校2年生の時に桂幸丸に弟子入りを許され、自宅で稽古を付けて貰うようになる。

2003年(平成15年)3月、卒業と同時に正式入門、桂夏丸の名で前座2007年(平成19年)9月1日二ツ目昇進。四代目桂米丸一門伝統の新作落語で研鑚中。

実力派の若手俳人としても評価が高く、高校在学中の2002年度上毛新聞社主催『上毛ジュニア俳壇』にて最優秀賞。翌2003年には『上毛ジュニア文学賞特別賞』受賞。

2018年(平成30年)5月新宿末廣亭上席より、真打に昇進した[1]

出典[編集]

  1. ^ 芭蕉記念館 - 落語家・桂夏丸のブログ 2018年1月4日

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]