桂坊枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂 坊枝かつら ぼうし
桂 坊枝
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
本名 中尾 正人(なかお まさと)
生年月日 (1960-08-28) 1960年8月28日(56歳)
出生地 日本の旗 日本大阪市旭区
師匠 5代目桂文枝
出囃子
活動期間 1983年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
1986年 「第7回ABC漫才落語新人コンクール」新人賞
備考
上方落語協会会員

桂 坊枝(かつら ぼうし、1960年8月28日 - )は大阪市旭区高殿出身の落語家。本名は中尾 正人(なかお まさと)。出囃子は『鯉』。

大阪府立茨田高等学校2期生。落語研究部出身。神戸学院大学法学部卒業後、1983年3月に5代目桂文枝(当時桂小文枝)に入門。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。社団法人上方落語協会会員。上方落語協会協会誌「んなあほな」第2代編集長。「上方らくごカルテット」メンバー。阿波踊り「はなしか連」“宴会部長”。

坊枝は『帽子』に由来する。文枝一門のキャップ(キャプテン)として活躍できるようにと名付けられた。

実家はクリーニング屋。古今亭志ん朝に可愛がってもらった。

直弟子一門で唯一文枝を病院で最後に看取った。

受賞歴[編集]

出演番組[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]