栗原成郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

栗原 成郎(くりはら しげお、1934年2月21日 - )は、ロシア文学者、東京大学名誉教授博士文学)(東京大学、2005年)(学位論文「ロシア俚諺語法の研究」)。

東京都目黒区生まれ。1958年東京教育大学言語学科卒。1961年同大学院文学研究科修士課程修了。非常勤講師の木村彰一に学び、1962-1964年カリフォルニア大学バークレー校大学院スラヴ語スラヴ文学科留学。1966年東京大学教養学部専任講師、1975年文学部露文科助教授、のち教授、1992年北海道大学教授。1997年から2007年まで創価大学教授。ロシアのほか、ユーゴスラビア文学も翻訳している。

共著[編集]

  • スラヴ吸血鬼伝説考 河出書房新社, 1980 「吸血鬼伝説」文庫
  • スラヴのことわざ ナウカ, 1989
  • ロシア民俗夜話 忘れられた古き神々を求めて 丸善ライブラリー, 1996
  • ロシア異界幻想 岩波新書, 2002
  • 諺で読み解くロシアの人と社会 東洋書店, 2007

翻訳[編集]

  • ノーベル賞文学全集 13 イヴォ・アンドリッチ 主婦の友社, 1972
  • プーシキン全集 3 河出書房新社, 1972
  • ソルジェニツィン伝 D.バーグ,G.ファイファー 村手義治共訳 河出書房新社, 1976
  • ユーゴスラビアの民話 1 田中一生共訳編 恒文社, 1980
  • 呪われた中庭 イヴォ・アンドリッチ 恒文社, 1983
  • 中世文化のカテゴリー アーロン・グレーヴィチ 川端香男里共訳 岩波書店, 1992