柏おどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柏まつりでの柏おどりパレード

柏おどり(かしわおどり)とは、千葉県柏市で踊られている踊りである。

概要[編集]

柏おどり自体は、1971年(昭和46年)に作られたものである。

柏市内では夏場を中心に各地で踊られており、柏まつりでは「柏おどりパレード」で「柏おどり」と後述する「京北音頭」が踊られている。このほか、柏市内の盆踊り小学校運動会などでも「柏おどり」「京北音頭」の両方が踊られている。

柏まつりでは、「柏おどりコンテスト」も行われていて、市内の百貨店(現在は高島屋のみで、かつてはそごうも参加していたが店舗自体が閉店した)、町内会、学校、姉妹都市である只見町福島県)などのチームが参加している。近年では、1971年(昭和46年)制作当時そのままの踊り方(いわゆる「女踊り」)で踊る「伝統柏おどり」部門と、女踊りの変型版である「男踊り」やチーム独自のアレンジで踊る「創作柏おどり」部門に分かれている。

「柏おどりパレード」などで踊りを披露する場合は、2番の歌詞で「紅のたすきに桔梗笠」と歌われているとおり、桔梗笠をつけて踊る(上記の写真も参照)。

沿革[編集]

柏市では1959年(昭和34年)に作られた「京北音頭」があり、三波春夫によって歌われていた[1]。1971年(昭和46年)に「柏商業まつり」(現:柏まつり)を開催することになり、新たな柏市の音頭として「柏おどり」が作られることになった。

そこで、地元柏市で発行している「柏市民新聞」が一般に歌詞を募集したところ多数の応募があった[2]。しかし、そこから1つには絞りきれず、3人を「入選」として、3人の入選作の歌詞をつなぎ合わせる形で作られた。そして、第1回の「柏商業まつり」で披露された。歌は、作曲を担当した市川昭介が当時専属であったキングレコードに所属する演歌歌手で、当時はまだ無名に近かった大月みやこが担当した。

2013年(平成25年)には、柏おどりをアップテンポにした上で、柏市立柏高等学校吹奏楽部演奏による「NEW柏おどり」[3]が制作された。「NEW柏おどり」については、2013年から2016年(平成28年)までは市内小学校限定のコンテストで実施され、各校オリジナルの振り付けや衣装で踊っていた。2017年(平成29年)以降も市立柏の演奏の曲目としては行われているが、柏まつりでのコンテストは廃止された。

作詞・作曲等[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『柏まつりの歴史』 柏まつり実行委員会著

脚注[編集]

  1. ^ 歌のあゆみ 昭和32年~昭和39年”. 三波春夫オフィシャルホームページ. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 柏市民新聞沿革”. 柏市民新聞. 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ “2013 柏まつり” (プレスリリース), 柏まつり実行委員会, (2013年), http://www.kashiwa-cci.or.jp/wp-content/uploads/2010/12/Press2013..pdf 2013年6月22日閲覧。