東邦大学医療短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東邦大学医療短期大学
大学設置 1985年
創立 1926年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人東邦大学
本部所在地 東京都大田区大森西4-16-20
学部 看護学科
研究科 地域看護学専攻
母子看護学専攻
テンプレートを表示

東邦大学医療短期大学(とうほうだいがくいりょうたんきだいがく、英語: College of Health Professions,Toho University[1][2])は、東京都大田区大森西4-16-20に本部を置いていた日本私立大学である。1985年に設置され、2005年に廃止された。大学の略称は医短。学生募集は2001年度まで。翌年度より東邦大学医学部看護学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2005年7月29日 正式廃止[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

沿革[編集]

  • 1926年 帝国女子医学専門学校附属看護婦養成所開校。
  • 1957年 東邦大学医学部付属准看護学校となる。
  • 1965年 東邦大学医学部付属高等看護学校開校。
  • 1970年 東邦大学高等看護学校と校名変更。
  • 1977年 専修学校制度による東邦大学看護専門学校となる。
  • 1985年 東邦大学看護専門学校を改組発展させて東邦大学医療短期大学看護学科を置く。
  • 1988年 専攻科が設置される
    • 地域看護学専攻
    • 母子看護学専攻
  • 1992年 専攻科が大学評価・学位授与機構に認定される。
  • 2001年度をもって学生募集を終了。翌年度以降、東邦大学看護学科に移行。
  • 2005年7月29日 正式廃止[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都大田区大森西4-16-20

年度別学生数[編集]

通学課程[編集]

  • 年度以降の学生数はその該当年度の5月1日時点でのデータである。なお、2000年度以降は、当該当年度以降の『全国学校総覧』(以下、『総覧』と略する。)において学生数の記載がないため割愛した。
- 入学定員 総定員 学生数 出典
1985年 100 100 女104 [4]
1986年 100 200 女199 [5]
1987年 100 300 男1
女301
[6]
1988年 100 300 男1
女310
[7]
1989年 100 300 男1
女307
[8]
1990年 100 300 男12
女305
[9]
1991年 100 300 男22
女303
[10]
1992年 100 300 男28
女307
[11][12]
1993年 100 300 男20
女308
[13]
1994年 100 300 男7
女324
[14]
1995年 100 300 男7
女327
[15]
1996年 100 300 男7
女331
[16]
1997年 100 300 女333 [17]
1998年 100 300 男5
女310
[18]
1999年 100 300 男5
女314
[19]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科

専攻科[編集]

  • 地域看護学専攻[20]
  • 母子看護学専攻[20]

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

受験資格

研究[編集]

  • 『東邦大学医療短期大学紀要』[21]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 東邦大学医療短期大学の学園祭は、キャンパスの所在地に因み「大森祭」と呼ばれていた[2]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 東邦大学医療短期大学には在学者の父母による後援会組織があり、これは大学と在学生家庭との連絡を緊密にし、学生の教育や課外活動などを側面から助成し、より充実した学生生活を送ることができるよう援助することを目的にしたものとなっていた。その活動内容は、修学資金の貸与ほか在学生の各家庭に『花水木』なる広報誌の配布などがあった。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパス内には、実習病院である医学部付属大森病院、臨床研究棟・基礎研究棟・体育館・図書館などが立地していた[2]。図書館の所蔵資料数はおよそ30,000冊となっていた。ちなみに、隣接されていた医学部図書館には170,000冊程度の所蔵資料があり、その図書館を利用していた短大生もいた[2]

[編集]

  • なし

対外関係[編集]

関係校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 看護学科卒業生は東邦大学医療短期大学専攻科に進学していた様子。専攻科は大学評価・学位授与機構に認定されていたため、その修了生は大学院へ進学した人もいたようである。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii論文より
  2. ^ a b c d e f g h i 『2000College of Health Professions,Toho University 東邦大学医療短期大学』より
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』267頁より。
  4. ^ 昭和61年度版『総覧』55頁
  5. ^ 昭和62年度版『総覧』55頁
  6. ^ 昭和63年度版『総覧』56頁
  7. ^ 昭和64年度版『総覧』59頁
  8. ^ 1990年度版『総覧』61頁
  9. ^ 1991年度版『総覧』61頁
  10. ^ 1992年度版『総覧』63頁
  11. ^ 1993年度版『総覧』64頁
  12. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)261頁には「16、204(うち1年生男6、女104)」と表記されている。
  13. ^ 1994年度版『総覧』66頁
  14. ^ 1995年度版『総覧』68頁
  15. ^ 1996年度版『総覧』70頁
  16. ^ 1997年度版『総覧』71頁
  17. ^ 1998年度版『総覧』74頁
  18. ^ 1999年度版『総覧』64頁
  19. ^ 2000年度版『総覧』68頁
  20. ^ a b 修業年限は昼間部1年制で短期大学ほか一定基準を満たす専修学校卒業者も入学が可能だった。
  21. ^ CiNiiより

関連項目[編集]

関連サイト[編集]