東脊振トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国道385号標識
東脊振トンネル
東脊振トンネル本線料金所

東脊振トンネル(ひがしせふりトンネル)は佐賀県神埼郡吉野ヶ里町(旧・東脊振村)にある道路トンネルである。愛称は「さざんかロード」。佐賀県道路公社が管理する有料道路

なお、軽車両歩行者の通行も可能であるが、車道路側帯を通行するのは危険性が高い。

概要[編集]

  • 起点 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈
  • 終点 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈
  • 全長 2.15km(トンネル自体は1.41km)
  • 規格 第3種第3級
  • 道路幅員:一般部 8.0m、トンネル部 7.0m
  • 車線数 2車線
  • 車線幅員 3.0m
  • 設計速度 50km/h
  • 事業費 約46億円

国道385号の難所である坂本峠迂回路として計画された東脊振バイパス(全長約7km)の中核をなすトンネルである。東脊振バイパスは、現道(一般道路部分、坂本峠)における積載量規制(2t)や幅員狭小(3.0m)、大型車通行困難、冬季通行規制など様々な通行障害の解消を目的に整備された。バイパスのうちトンネルおよび周辺区間のみ一般有料道路として佐賀県道路公社によって管理されている。東脊振バイパスの那珂川町側には五ヶ山バイパスが接続する予定。

沿革[編集]

通行料金[編集]

通行料金はいずれも三瀬トンネルと同額となっている。また回数券は三瀬トンネルと共通使用できる。

道の駅[編集]

道の駅は料金所の以南にあるため、東脊振IC方面から同施設へ向かう場合は無料である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]