東京ジャーミイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミナレットを備える東京ジャーミイ

東京ジャーミイ(とうきょうジャーミイ、東京ジャミィ[1]、Tokyo Camii)は、東京代々木上原にある回教寺院モスク)である。

東京ジャーミイはトルコ共和国在東京大使館(渋谷区神宮前)の所属であり、宗教法人「東京トルコディヤーネットジャーミィ」によって運営されている[2]。モスクの光熱費などはトルコ共和国宗務庁が負担しており、責任者であるイマームも同庁からの派遣である[2]

東京ジャーミイには現在、イスラム教(回教)やトルコ文化を紹介する「トルコ文化センター」が併設されている。

概要[編集]

東京ジャーミーは、代々木上原駅に程近い渋谷区大山町井の頭通り沿いにあり、オスマン様式によるモスクを特徴とする。

前身である東京回教学院以来、東京モスク代々木モスクなどとも呼び馴らされている。「ジャーミイ」とは、トルコ語では金曜礼拝を含む1日5回の礼拝が行われる大規模なモスクをあらわし、「人の集まる場所」を意味するアラビア語を語源としている[2]

前身である東京回教学院は、1938年昭和13年)にロシア出身のタタール人たちのためのモスクとして設立された。同モスクが老朽化のため取り壊された後、亡命タタール人たちがトルコ共和国の国籍を取得していた縁からトルコ宗務庁の援助によってオスマン様式で再建され、2000年平成12年)6月に開堂した。

東京ジャーミィは毎日5回の礼拝の時間に開館されている[2]。モスクの礼拝者は東京周辺に居住するイスラム教徒で、その国籍トルコパキスタンインドネシアマレーシアバングラデシュ日本などである[2]。毎日の礼拝への参加者は5-10人程度、金曜日の礼拝への参加者が350-400人程度となっている[2]。その他、日本を訪れるムスリムの観光客も多く訪れる[3]

建築の特徴[編集]

東京ジャーミイ内部

東京ジャーミイは、建物の上階に礼拝堂を設け、大ドームを乗せた広大な空間を確保する、トルコでは非常によくみられる形式を踏襲している。設計はトルコで建築会社代表を務めるハッレム・ヒリミ・シェナルプ。

躯体工事は鹿島建設が行ったが、内装や外装の大部分にはトルコから送られた資材が用いられ、100人近いトルコ人の建築家や職人によって仕上げられた。

1階にはトルコの美術品が展示され、講座などに使われる広間がある。上階の最大2,000人収容可能な礼拝堂には女性用の礼拝室もあり、専従のイマーム(導師)もいるなど、日本ではかなり大規模なモスクの部類に入る。敷地面積は734平方メートル、建物床面積は1,693平方メートル。

東アジアで最も美しいモスクとの呼び声もある[4][3]

歴史[編集]

1917年大正6年)にロシア革命が起こると、ロシア領内に住んでいた回教徒トルコ民族の多くは国外に避難、特にザバイカル州及び満州在住の回教徒商人ら約600人は日本に移住してきた[5]

そのうち約200人は東京周辺に居住し、タタール族の僧正クルバンガリーらは1924年大正13年)、「東京回教徒団」を結成した[5]。同団ははじめ、千駄ヶ谷会館を礼拝所として使用していたが、1931年昭和6年)になると会堂の建設が決定された[5]。僧正を会長として新たに結成された日本在住教徒連盟会には日本人有志らから10万円(当時)の寄付が集ったことから現在地(代々木富ヶ谷)にサラセン式ドームを持つ礼拝堂が建設され、1938年昭和13年)5月12日には落成式が行われた[5]

この礼拝堂の建設の背景には、当時の日本政府の国策としての対イスラム宣撫政策があり、建築資金は日本側の寄付によってまかなわれた。さらに、落成式には頭山満松井石根山本英輔ら、大日本帝国陸軍海軍の有力者が参列した。これが東京ジャーミイの始まりであり、開設後のイマームには、国際的に知られたウラマー、アブデュルレシト・イブラヒムが就任した。この初代礼拝堂(代々木モスク)は木造建築であった。

代々木モスクは在東京のトルコ国籍ムスリムたちや、地元代々木上原・大山町の人々に親しまれてきたが、老朽化のため1984年昭和59年)に閉鎖され、1986年昭和61年)に取り壊された。東京トルコ人協会は、モスクの再建にあたって、跡地をトルコ共和国政府に寄付し、再建をトルコ政府に委託した。

トルコでは、同国の宗教行政をつかさどる宗務庁が中心となって「東京ジャーミイ建設基金」を設立、トルコ全土から多額の寄付を募ったほか、モスクの建築資材や、内装・外装の仕上げを手がける職人を派遣した。

1998年平成10年)6月30日に着工した東京ジャーミイは、2年後に竣工、2000年平成12年)6月30日に開堂した。以来、東京ジャーミイ・トルコ文化センターとして、モスクとしての活動とともにイスラム文化・トルコ文化を伝えるセンターの役割も果たしている。

本の出版(「写真付イスラーム礼拝ガイド」、「イスラーム ―正しい理解のために―」、「神秘と詩の思想家メヴラーナ―トルコ・イスラームの心と愛」、「トルコ・イスラーム 文明における非政府組織ワクフとその作品」など)もしている。なお、非ムスリム(非イスラム教徒)でも見学や、講座の受講などは可能である。

2003年平成15年)には、センター内に宗教法人東京・トルコ・ディヤーナト・ジャーミイの設立が認可され、正式の宗教団体として法人格を取得した。

歴代イマーム[編集]

  • 旧寺院
  1. 初代: アブドゥルハイ・クルバーン・アリ (Abdulhay Kurban Ali)
  2. 1938年昭和13年) - 1943年昭和18年): アブドゥッルレシド・イブラーヒム (Abdurreşit İbrahim)
  3. 1943年昭和18年) - 1950年昭和25年): トゥリキスタンル・エミン・イスラーミ (Türkistanlı Emin İslami)
  4. 1950年昭和25年) - 1969年昭和44年): シェリフッラーフ・ミフターフッディン (Şerifullah Miftahuddin)
  5. 1969年昭和44年) - 1979年昭和54年): アイナン・サファー (Aynan Safa)
  6. 1979年昭和54年) - 1983年昭和58年): フセイン・バシュ (Hüseyin Baş)
  • 東京ジャーミイ

東京ジャーミイにおける責任者・イマームトルコ共和国宗務庁によって選出・派遣されており、任期は4年間となっている[2]

  1. 2000年平成12年) - 2004年平成16年): ジェミル・アヤズ (Cemil Ayaz)
  2. 2004年平成16年) - 2008年平成20年): エンサーリ・イェントルコ (Ensari Yentürk)
  3. 2008年平成20年) - 2011年平成23年): エンサーリ・イェントルコ (Ensari Yentürk)、(2期目)
  4. 2011年平成23年) - 2012年平成24年): ムラット・チェヴィッキ (Murat Çevik)
  5. 2012年平成24年) - :  ヌルラフ・アヤズ (Nurullah Ayaz)

脚注[編集]

  1. ^ 公式ウェブサイト(日本語)には、「東京ジャミイ」と「東京ジャミィ」という表記が混在している(平成24年1月11日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g よくある質問 東京ジャーミイ & トルコ文化センター、平成26年8月19日閲覧
  3. ^ a b “シンガポールをはじめ東南アジアのムスリムに人気上昇中の旅行先、日本。現状と課題とは?”. マイナビニュース. (2014年7月15日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/15/086/ 2014年8月9日閲覧。 
  4. ^ “ムスリムになった日本人”. nippon.com. (2013年5月9日). http://www.nippon.com/ja/features/c01302/ 2014年5月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p198

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分5.4秒 東経139度40分35.3秒 / 北緯35.668167度 東経139.676472度 / 35.668167; 139.676472