東京アンテナ工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京アンテナ工事株式会社
TOKYO ANTENNA KOJI Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
124-0023
東京都葛飾区東新小岩5-19-2
設立 1958年昭和33年)
(東京アンテナ産業株式会社)
業種 電気通信工事業、電気工事業、通信事業、ドローン事業、防犯カメラ事業
法人番号 2011801003097 ウィキデータを編集
事業内容 電気通信工事、電気工事、通信事業、ドローン事業、防犯カメラ事業
代表者 代表取締役社長 三矢 宏
資本金 35,000千円
外部リンク https://www.diginet.ne.jp/
テンプレートを表示

東京アンテナ工事株式会社は、アンテナ工事の専門業者。建造物によるテレビ電波障害の改善業務に注力し、 電波測定技術および電波障害施設の設置工事の技術力は高い。 一般社団法人日本CATV技術協会の創設にも関与し、平成23年度まで三矢慶三が副理事長を務めた。 「未来に安心安全な社会を」目標に、無線LAN、ワイファイ事業、ドローン事業、地域BWA事業など、必要なことはなるべく自社開発する下町のIT企業である。

沿革[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 三矢慶三が東京アンテナ産業株式会社を創業し、テレビアンテナの製造販売を開始。三矢慶三が代表取締役社長に就任。
  • 1966年(昭和41年) - 東京アンテナ工事株式会社に社名変更。アンテナ工事専業となる。
  • 1992年(平成4年) - 資本金20,000千円に増資。
  • 1995年(平成7年) - 千葉支店を開設。
  • 1998年(平成10年)- インターネットマンション事業を正式に開始。
  • 1999年(平成11年)- 代表取締役社長に三矢宏が就任、三矢慶三は会長に就任。
  • 2010年(平成22年)- スペインのアンテナメーカー、テレベス社と合意。アンテナの輸入を開始。
  • 2016年(平成28年)- 葛飾区全中学校の無線LAN工事をプロポーザル方式で受注。
  • 2016年(平成28年)- 業務拡張のため 資本金3,500万円に増資。
  • 2017年(平成29年)- ドローン事業を正式に開始。
  • 2019年(令和1年)- 葛飾区と地域BWA協定締結。
  • 2019年(令和1年)- 市川市とドローン協定締結。
  • 2019年(令和1年)- 葛飾区で地域BWAの一般サービスを開始。
  • 2019年(令和1年)- 墨田区と地域BWA協定締結。
  • 2020年(令和2年)- 葛飾区とドローン協定締結。
  • 2020年(令和2年)- 江戸川区と地域BWA協定、ドローン協定締結。
  • 2020年(令和2年)- 墨田区で地域BWAの一般サービスを開始。
  • 2020年(令和2年)- 江戸川区で地域BWAの一般サービスを開始。
  • 2020年(令和2年)- 市川市と地域BWA協定締結。
  • 2021年(令和3年)- 市川市で地域BWAの一般サービスを開始。

資格等[編集]

  • 電気通信工事業 国土交通大臣 第18445号
  • 電気工事業 国土交通大臣 第18445号
  • 登録電気通信事業者 総務省 関第109号(全国)
  • プライバシーマーク

東京アンテナシリーズ[編集]

  • 東京アンテナ三号(TA-3)は、トリプルブームアンテナ。ラジオライフ2013年5月号の表紙に採用された。また記事内においてマスプロ電工の超高性能UHFアンテナ「ラブストーリー」と東京メトロポリタンテレビジョンの遠距離受信対決を行っている。
  • 東京アンテナ零号(TA-ZERO)は、四段ダイポール平面アンテナ。

アンドロイドアプリシリーズ[編集]

  • 東京アンテナ方向調整は、東京スカイツリー移転に伴うアンテナ方向の角度差を自動計算するためのアプリ。東京スカイツリー移転アプリとして、対策作業員から人気を得た。無料。
  • アポロニウス11号は、東京スカイツリーと東京タワーが同じ高さに見える場所を探すためのアプリ。無料。
  • アポロ富士は、東京スカイツリーと富士山が同じ高さに見える場所を探すためのアプリ。無料。

公衆無線LAN[編集]

  • 葛飾区公衆無線LAN(Katsushika_Free_Wi-Fi)の施工を東京アンテナ工事株式会社が担当。事業者はNTT-BP社。柴又帝釈天の寅さんワイファイ、亀有の両さんワイファイ、四ツ木・立石のキャプテン翼ワイファイ、新小岩のモンチッチワイファイ、堀切の菖蒲園ワイファイなどの施工を行う。
  • 葛飾区公衆無線LAN(Katsushika_Free_Wi-Fi-01)は地域BWA(葛飾BWA)を活用しており、施工及び事業者も東京アンテナ工事株式会社。葛飾区役所本庁舎、ウィメンズパル、テクノプラザかつしか(地域産業振興会館)、かつしかシンフォニーヒルズ(文化会館)、各地区センター、各区民事務所で利用可能となっている。

ドローン事業[編集]

  • 2017年(平成29年)- 葛飾区総合防災訓練ドローン空撮。
  • 2018年(平成30年)- 葛飾区総合防災訓練ドローン空撮。
  • 2019年(令和1年)- 市川市総合防災訓練ドローン空撮。
  • 2019年(令和1年)- 葛飾区総合防災訓練ドローン空撮。
  • 2020年(令和2年)- 江戸川区総合防災訓練ドローン空撮。

地域BWA[編集]

  • 2019年(令和1年)- 葛飾BWA開始。
  • 2020年(令和2年)- 墨田BWA開始。
  • 2020年(令和2年)- 江戸川BWA開始。
  • 2021年(令和3年)- 市川BWA開始。

防犯・監視カメラ事業[編集]

  • 小学校通学路、公園、町内会、商店街などの防犯カメラの設置事業を行っている。特に葛飾区や東京都の補助金を活用した申請事業では、令和元年度に13自治町会で103台の設置工事を行い、東京アンテナ工事株式会社が東京都で補助金申請が一番多い会社となった。(東京アンテナ工事株式会社調べ)
  • SIGFOXの防犯カメラを先駆的に採用した結果、京セラ社のホームページにも東京アンテナ工事株式会社の記事が掲載されている。
  • 江戸川区の河川監視カメラは地域BWA(江戸川BWA)とクラウドとAWSを組み合わせた東京アンテナ工事株式会社の自社開発システムである。

SDGs関連[編集]

  • 「すべての人に質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」

Wi-Fi提供・設置工事、学校ルータ提供、ギガスクール工事 等 ・公衆無線LAN(葛飾区) ・すみだGIGAスクール(墨田区) ・UDCすみだ(墨田区)

  • 「災害等に強いインフラをつくる」

地域BWA、避難所Wi-Fi、防災ドローン 等 ・地域BWA協定(葛飾区、墨田区、江戸川区、市川市) ・避難所ワイファイ(葛飾区、墨田区、市川市) ・ドローン防災協定(市川市、葛飾区、江戸川区) ・総合防災訓練(市川市、葛飾区、江戸川区) ・本庁舎内無線LAN(江戸川区) ・モバイルWi-Fiルーター防災協定仕様(江戸川区薬剤師会) ・モバイルWi-Fiルーター防災協定仕様(墨田区薬剤師会) ・モバイルWi-Fiルーター防災協定仕様(葛飾区薬剤師会)

  • 「人が住む土地を、安全かつレジリエント(強靭)で持続可能にする」

防犯カメラ、河川監視カメラ、崖崩れIoT、浸水センサー 等 ・防犯カメラ(公園、通学路、町内会、自治会) ・河川監視カメラ(江戸川区、地域BWA、AWS) ・崖崩れIoT(自治体)

産学官連携[編集]

  • 墨田区・UDCすみだ・東京アンテナ工事株式会社でドローンの研究開発を行う。

ドローンサッカー[編集]

  • 2021年(令和3年)- 東京アンテナ工事株式会社のドローンサッカーチーム、東京アンテナボンバーズ結成。東京アンテナボンバーズは東京アンテナ工事株式会社が創設したeスポーツチームとしては初めてのオフィシャルチームである。
  • 東京アンテナボンバーズ:ドローンサッカー

所属団体[編集]

  • 地域BWA推進協議会
  • 東京都電気工事工業組合
  • 葛飾電気防災協力会
  • 日本CATV技術協会
  • 内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

テレビ・宣伝[編集]

  • 報道ステーション(テレビ朝日)の地デジ特集などアンテナ工事やテレビ電波障害の専門会社として多数の番組に出演している。
  • 三矢宏は、東京スカイツリーの達人と呼ばれ、東京スカイツリーファンクラブの会長を務めている。
  • 日本一大きいスカイツリーカレンダー(東京アンテナ工事株式会社調べ)を2017年から毎年自社制作している。非売品。
  • 2021年(令和3年)- 三矢宏が近畿大学で講演。
  • 2021年(令和3年)- 葛飾区トップページにバナー広告掲載。

外部リンク[編集]