杉村英孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
ボッチャ
パラリンピック
2016 リオデジャネイロ 混合団体 BC1-2

杉村 英孝(すぎむら ひでたか、1982年3月1日 - )は日本ボッチャ選手(BC2クラス)。静岡ボッチャ協会、BLACK × WHITE所属。

経歴[編集]

静岡県伊東市出身。先天性の脳性麻痺で小学校から高校まで静岡市内の特別支援学校に通った[1]。学生時は車いすサッカーなどをしていたが、高3の時、施設の教師に見せてもらったビデオをきっかけにボッチャを始めた[2]

卒業後、静岡市内で初めて行われたボッチャの地方大会に出場、団体戦で3位の成績を収めた[2]2009年の日本ボッチャ選手権大会で3位、2010年のBOCCIA JAPAN CUP 2010で3位に入り[2]、平成22年(2010年)度の日本ボッチャ協会の強化指定選手に選出。同年7月に広州市で行われた2010アジアパラ競技大会では日本人最高の5位となった[1]

2011年8月にベルファストで開かれたBoccia World Cup 2011では廣瀬隆喜、海沼理佐、柴山友里子(BC1)、秋元妙美(BC1)と団体戦に挑み、準優勝[1][2]。国際大会で日本チームが銀メダルを取るのはこれが初めてであった[3](個人戦では決勝トーナメント1回戦で敗退し、23位)。

2012年ロンドンパラリンピックではボッチャの主将を務めた。団体で日本(廣瀬、杉村、柴山、秋元)は1次リーグを勝ち上がったが、準々決勝でポルトガルに敗れ、7位[4][5]。日本はボッチャ団体としては初めてのパラリンピック入賞となり、杉村は大会後、厚生労働大臣表彰[6]、静岡県知事特別表彰[7]、伊東市のスポーツ栄誉賞[8]を受賞した。

2013年1月の第14回日本ボッチャ選手権大会で初優勝[9]。同年12月の第15回日本ボッチャ選手権大会でも優勝し、2連覇。2015年2月の第16回日本ボッチャ選手権大会では準決勝で廣瀬隆喜に敗れ、3位[10]。同年6月、ポズナンで行われたBoccia World Open - Poznan 2015では廣瀬、杉村、BC1の木谷隆行の3人で団体戦を挑み、優勝。国際戦では初めてとなる金メダルに輝いた(個人戦ではベスト16で敗れ、13位)。

同年12月に行われた第17回日本ボッチャ選手権大会では決勝で廣瀬を破り、3度目の優勝を果たした[11]

2016年3月に北京で行われたボッチャ世界選手権大会では3位に入り、自身初となる国際大会個人戦でのメダルを獲得した[12]

同年9月に行われたリオデジャネイロパラリンピックではロンドンに引き続き日本代表(通称:火ノ玉JAPAN[13])の主将を務めた[14]。BC1とBC2の混合団体では廣瀬、杉村、藤井友里子、木谷の4人で挑み、準決勝でポルトガルに8-5で勝利し、決勝進出[15]。決勝でタイに4-9で敗れ、準優勝となり、ボッチャ日本代表としては初めてのメダルを獲得した[14][16]。個人戦は2連勝で1次リーグを通過した[17]が、準々決勝で5-5のタイブレイクの末に敗れた[18]

2017年10月にタイバンコクで開かれたバンコク・ワールドオープンの個人戦・団体戦の両方で優勝し、国際大会では自身初となる個人戦の金メダルを獲得[19][20]。翌11月に行われた第19回日本ボッチャ選手権大会では2大会ぶり4度目の優勝を果たした[21][22]

主な戦績[編集]

詳細はボッチャ・杉村英孝後援会 プロフィール参照。

  • 日本ボッチャ選手権大会 優勝4回(第14回、第15回、第17回、第19回)。
  • Boccia World Cup 2011 団体準優勝。
  • ロンドンパラリンピック 団体7位。
  • Boccia World Open - Poznan 2015 団体優勝。
  • BISFed 2016 World Individual Championships(2016ボッチャ世界選手権大会) 個人戦3位。
  • リオデジャネイロパラリンピック 準優勝(混合団体 BC1-2)。
  • BISFed 2017 Bangkok World Open 個人戦・団体戦優勝。

人物[編集]

  • 伊東市の伊豆介護センター勤務。月1回、静岡市で静岡ボッチャ協会の仲間と練習に励んでいる。勤務先のはからいで機能訓練室に作られたコートでも練習を行っている[1]
  • 勤務先の伊豆介護センターの社長が会長を務める後援会があり、ホームページで試合結果などの情報発信を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「世界の夢舞台で全力 伊東の杉村さん、パラリンピック「ボッチャ」で出場へ /静岡県」.『朝日新聞(静岡)』.2012年2月2日付朝刊、33面。
  2. ^ a b c d 「「ボッチャ」で金メダルを パラリンピック代表 杉村さん「広めたい」=静岡」.『読売新聞(静岡)』.2012年7月24日付朝刊、34面。
  3. ^ “ボッチャ日本代表、ワールドカップで銀メダル獲得!”. ワッホー. (2011年8月23日). http://www.wahho.jp/picup/topics/2011/20110823boccia.html 2016年1月22日閲覧。 
  4. ^ 「ボッチャ、団体4強逃す ロンドン・パラリンピック」.『朝日新聞』.2012年9月4日付朝刊、24面。
  5. ^ 「ロンドン・パラリンピック:ボッチャ団体、日本準々決勝敗退 「チームワーク示せた」」.『毎日新聞』.2012年9月4日付朝刊、19面。
  6. ^ 「パラリンピック・ロンドン大会成績優秀者厚生労働大臣表彰=静岡」.『読売新聞(静岡)』.2012年12月6日付朝刊、30面。
  7. ^ 「ロンドン・パラリンピック:知事、上位入賞者12選手を特別表彰 次に経験生かして /静岡」.『毎日新聞(静岡)』.2012年11月6日付朝刊、25面。
  8. ^ 「伊東市・体育協、2人に栄誉賞 五輪・笠原選手とパラリンピック・杉村選手 /静岡県」.『朝日新聞(静岡)』.2012年9月30日付朝刊、29面。
  9. ^ “エースの連勝・連続優勝にストップをかけた杉村英孝選手が初優勝!”. ワッホー. (2013年1月27日). http://www.wahho.jp/sports2013/boccia_20130125/topics.html 2016年1月22日閲覧。 
  10. ^ “第16回日本ボッチャ選手権大会本大会”. パラタイムズ. (2015年2月22日). http://paratimes.jp/news/cat6/16_1.html 2016年1月22日閲覧。 
  11. ^ “杉村さん、王者返り咲き 日本ボッチャ選手権で優勝―伊東”. 伊豆新聞. (2016年1月5日). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160130125108/http://izu-np.co.jp/ito/news/20160105iz0000000021000c.html 2016年1月22日閲覧。 
  12. ^ “「ボッチャ」出場濃厚 杉村、リオへ「基本を磨き直す”. 静岡新聞. (2016年4月5日). http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/rio_olympic/226824.html 2016年4月20日閲覧。 
  13. ^ ボッチャ日本代表チーム「火ノ玉 JAPAN」と命名(pdf).日本ボッチャ協会. 2016年9月25日閲覧。
  14. ^ a b 「リオ・パラリンピック ボッチャ 初の「銀」普及後押し」.『読売新聞』.2016年9月14日付朝刊、26面。
  15. ^ 「リオ・パラリンピック ボッチャ 技の日本全開」.『読売新聞』.2016年9月12日付夕刊、5面。
  16. ^ 「ボッチャ――出し切ってタイに完敗、誇れる銀の軌道(RioParalympics2016)」.『日本経済新聞』.2016年9月13日付夕刊、12面。
  17. ^ 「[リオ・パラリンピック] 第8日の記録」.『読売新聞』.2016年9月16日付朝刊、14面。
  18. ^ 「[リオ・パラリンピック] 第9日の記録」.『読売新聞』.2016年9月17日付朝刊、27面。
  19. ^ “杉村さん団体・個人「金」 ボッチャ・バンコク世界オープン”. 伊豆新聞(伊東). (2017年10月12日). http://izu-np.co.jp/ito/news/20171012iz0000000007000c.html 2017年10月15日閲覧。 
  20. ^ “ボッチャの杉村 日本初の団体と個人V ワールドオープン”. 静岡新聞. (2017年10月14日). http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/415134.html 2017年10月15日閲覧。 
  21. ^ “第19回日本ボッチャ選手権大会 BC2、杉村が廣瀬を破り2年ぶり4度目の大会制覇!”. Sports News. (2017年11月12日). http://www.sports-news.jp/?cn=100395 2017年11月16日閲覧。 
  22. ^ “ボッチャ・杉村選手(伊東)日本選手権で優勝”. 伊豆新聞(伊東). (2017年11月15日). http://izu-np.co.jp/ito/news/20171115iz0000000009000c.html 2017年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]