杉村章三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉村 章三郎(すぎむら しょうざぶろう、1900年9月7日 - 1991年12月2日[1])は、行政法学者。

一木喜徳郎の三男として東京に生まれ、医学博士杉村七太郎の養子となる。1923年東京帝国大学法学部卒。東京大学法学部教授、1961年定年退官、名誉教授、同年「財政法」で東大法学博士青山学院大学法学部教授[2]

著書[編集]

  • 『行政法第二部』文精社 1936
  • 『概説日本憲法 国法学教材』弘文堂 1937
  • 『日本行政法講義要綱』有斐閣 1937
  • 『新判例と行政法の諸問題』良書普及会 1943
  • 『行政法要義』有斐閣 1947
  • 『新憲法の精神 新憲法に對する感激』加越能青年文化聯盟 民主大學叢書 1947
  • 『行政法の基本問題』勁草書房 法学叢書 1949
  • 地方自治法講話』印刷庁 公民叢書 1949
  • 『行政法学概要』有斐閣 1951
  • 『地方自治制綱要』弘文堂 1951
  • 『行政法』弘文堂 1952
  • 『租税法学概論』有斐閣 1956
  • 『地方自治法』青林書院 現代法学全書 1956
  • 『財政法』有斐閣 1959 法律学全集

共編著[編集]

  • 『行政法規提要』編 良書普及会 1933
  • 『行政法各論』渡辺宗太郎共著 インターナシヨナルブツク 1949 新法律学全書
  • 『所得税法』村山達雄,野村次夫共著 大蔵出版 1953 税法学体系
  • 『公共企業体の研究』柳川昇共編 有斐閣 1956
  • 『法律学体系 [第1部] 第16 コンメンタール篇 財政・会計・国有財産法』小熊孝次,谷川宏共著 日本評論社 1964
  • 『精解行政法』山内一夫共編 光文書院 1971
  • 『行政法辞典』山内一夫共編 ぎょうせい 1975

翻訳[編集]

  • アルベルト・ヘンゼル『独逸租税法論』有斐閣 1931

記念論文集[編集]

  • 『行政管理と経営管理 杉村章三郎先生還暦記念論文集』行政管理研究会編 有信堂 1961
  • 『税法学論文集 杉村章三郎先生古稀祝賀』編者: 日本税法学会 三晃社 1970
  • 『公法学研究 杉村章三郎先生古稀記念』有斐閣 1974

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 杉村章三郎先生略歴『古稀記念公法学研究』