朽木為綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
朽木 為綱
Kutsuki Moritsuna.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 弘化2年11月5日1845年12月3日
死没 明治16年(1883年4月26日
改名 蛾吉(幼名)、為綱
墓所 東京都港区青山墓地
官位 従五位下、伊予守、近江
幕府 江戸幕府
丹波国福知山藩
氏族 朽木氏
父母 父:朽木綱張
兄弟 為綱蹇之助
正室:米倉昌寿の娘・恒子
継室:青山忠良の娘・郁子
綱張、綱貞、娘(九鬼隆輝正室)、
養子:綱鑑松平宗秀七男)

朽木 為綱(くつき もりつな)は、丹波福知山藩の第13代(最後)の藩主。福知山藩朽木家14代。

生涯[編集]

弘化2年(1845年)11月5日、第12代藩主朽木綱張の長男として生まれる。父が初め養嗣子としていた紘綱が早世したため嫡子となる。文久元年(1861年)3月15日、将軍徳川家茂に拝謁する。文久2年12月16日、従五位下伊予守に叙任する。慶応2年(1867年)4月17日、綱張が死去したため家督を継いだ。

慶応3年(1867年)12月13日、藩士を京都を派遣し、幕命により旧京都所司代邸の警備にあたる。慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いでは旧江戸幕府軍に合流しようとしたものの、幕府軍が敗退したため引き返した。そして、西園寺公望率いる山陰道鎮撫使に降伏した。2月6日、為綱は上洛して恭順の姿勢を示した。新政府から北越出兵、丹波・丹後などの代官地・幕府領などの接収を命じられた。2月24日、藩士の一部と旧幕府側との連携の疑いをかけられて、謹慎する。

明治2年(1869年)6月20日、版籍奉還により福知山藩知事に任じられる。明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で免官となり、9月に東京に移った。明治5年(1872年)5月14日、養子の綱鑑に家督を譲って隠居した。その後、福知山に戻って士族の救済に努めた。明治11年(1878年)7月27日、綱鑑の隠居により再び家督を継いだ。留学中の綱鑑の結婚に反対し、隠居させて実家に戻したのである。その後は富教会を設立して士族の救済を本格的に努めたという。明治16年(1883年)4月26日に死去した。享年39。

実子に陸軍少将貴族院議員を務め、火薬の研究者としても有名な子爵朽木綱貞がいる。