朽木綱条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
朽木 綱条
時代 江戸時代後期
生誕 享和元年10月17日1801年11月22日
死没 天保7年5月28日1836年7月11日
改名 鉄五郎(幼名)、綱条、正庵・格斎(法号)
戒名 宝鑑院殿格心全忠大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、隠岐
幕府 江戸幕府
丹波国福知山藩
氏族 朽木氏
父母 父:朽木倫綱、母:松平直紹の娘・千寿院
養父:朽木綱方
兄弟 綱徳、姉(板倉勝資室)、姉(木下俊敦室)、綱条、妹(松平乗美室)
正室:松平輝延の娘
継室:宝琳院真田幸貫娘・松平定信養女)
娘(牧野康哉正室)、娘(日下部輔寛室)、娘(半井広国室)、娘(諏訪忠誠正室)、娘(朽木綱美正室)、娘(朽木綱張養女、朽木紘綱正室のち建部政和継室)、養子:綱張綱紀、養女:(朽木綱張正室)

朽木 綱条(くつき つなえだ)は、丹波福知山藩の第11代藩主。福知山藩朽木家12代。綱條とも記される。

生涯[編集]

享和元年(1801年)10月17日、第9代藩主朽木倫綱の長男として生まれる。文化7年(1810年)6月19日、第10代藩主綱方の養子となる。佐藤一斎の師事を受けるなど、早くから聡明だったといわれる。文化14年4月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下隠岐守に叙任する。文政3年(1820年)6月6日、綱方の隠居により家督を継いだ。

文政6年(1823年)2月2日、大坂加番を命じられる。文政11年(1828年)9月1日、奏者番に就任する。要職を歴任して将来は老中にも期待されたが、これが出費を招き、さらに領内も凶作が相次いで財政に苦しんだといわれる。天保7年(1836年)5月28日に養父に先立って死去した。享年36。跡を養子の綱張が継いだ。