木暮正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木暮 正夫
誕生 (1939-01-12) 1939年1月12日
群馬県前橋市
死没 (2007-01-10) 2007年1月10日(67歳没)
職業 小説家
国籍 日本
活動期間 1962年 - 2007年
ジャンル 児童文学・ノンフィクションなど
主な受賞歴 第27回日本児童文学者協会賞など
デビュー作 ドブネズミ色の街
子供 こぐれけんじろう - (次男・イラストレーター)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

木暮 正夫(こぐれ まさお、1939年1月12日 - 2007年1月10日)は、日本児童文学作家。 主に児童文学を手がける。日本児童文学者協会前会長。

略歴[編集]

群馬県前橋市出身。群馬県立前橋商業高等学校定時制卒業。1959年、20歳の時に「光を呼ぶ歌」が毎日新聞主催の児童小説コンクールに入選。初めての単行本は、「ドブネズミ色の街」(理論社、1962年)で1963年のサンケイ児童出版賞推薦となり、同年12月28日にNHKで単発ドラマとして放送される。同ドラマは、第4回モンテカルロ国際テレビ祭審査員特別賞(ウンダ賞)、国際放送カトリック協会賞、NHK放送総局長賞受賞など数々の賞を受ける。近年、NHKアーカイブスで再放送された。「また七ぎつね自転車にのる」(小峰書店、1977年)で第7回赤い鳥文学賞、『街かどの夏休み』(旺文社、1986年)で1987年の第27回日本児童文学者協会賞を受賞。 デビュー以来、社会的な作品から軽妙な作品、笑い話やノンフィクション作品までと幅広い作風で様々な文学作品を手がける。1992年より長らく社団法人日本児童文学者協会の理事長を務め、2006年5月、第14代会長に就任した。 2007年7月公開のアニメ映画『河童のクゥと夏休み』は、木暮の作品「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」を基に制作された。しかし、映画完成を目前にして肺癌により死去。67歳没。イラストレーターこぐれけんじろうは木暮の次男である。

「かっぱ」シリーズは3部作となっており、上記以外にも「クウとてんぐとかっぱ大王」という作品がある。

主な作品[編集]

  • ドブネズミ色の街(理論社、1962年)
  • 赤とんぼの歌(三十書房、1964年)
  • びりっかす(盛光社、1966年)
  • ろじうらの太陽(盛光社、1968年)
  • ブタのいる町(新日本出版社、1973年)
  • 焼きまんじゅう屋一代記(偕成社、1973年)
  • くるみやしきのにちようび(金の星社、1975年)
  • かっぱ大さわぎ(旺文社、1978年)
  • ひまねこさんこんにちわ(小峰書店、1979年)
  • 二ちょうめのおばけやしき(岩崎書店、1979年)
  • かっぱびっくり旅(旺文社、1980年)
  • クウとてんぐとかっぱ大王(旺文社、1985年)
  • 街かどの夏休み(旺文社、1986年)
  • はじめてひこうきにのったよ(教育画劇、1986年、絵:勝又進
  • シャクシャインの戦い(童心社、1987年)
  • ブータンの朝日に夢をのせて(くもん出版、1996年)
  • 河童のクゥと夏休み(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」を同時収録した単行本、岩崎書店、2007年)ISBN 978-4-265-82006-1
  • クゥと河童大王(「クウとてんぐとかっぱ大王」の新装版、岩崎書店、2008年)ISBN 978-4-265-82010-8
  • 子どもの伝記 一休(ポプラ社、2009年、新装改訂版)

 ほか多数