晧台寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
晧台寺
Japonweb - 016.jpg
大仏殿(華厳閣)
所在地 長崎県長崎市寺町1-1
位置 北緯32度44分44秒
東経129度52分58秒
座標: 北緯32度44分44秒 東経129度52分58秒
山号 海雲山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦三尊
創建年 1608年慶長13年)
開山 亀翁良鶴
正式名 海雲山普昭晧台禅寺
文化財 山門・仁王門・大仏殿(県指定有形文化財)
地図
晧台寺の位置(長崎市内)
晧台寺
晧台寺
長崎駅
長崎駅
長崎市における位置
法人番号 6310005000330
テンプレートを表示

晧台寺(こうたいじ)は、長崎県長崎市にある仏教寺院曹洞宗)。正式には海雲山普昭晧台禅寺という。

長崎三大寺(皓台寺、本蓮寺大音寺)の一つで、長崎市内外に末寺が14ヶ寺ある。

歴史[編集]

1608年(慶長13年)、肥前国松浦郡山口村(現在の佐世保市相浦)の洪徳寺住持亀翁良鶴により笠頭山洪泰寺として風頭山麓に創建されたのを始まりとする。1615年(元和元年)に佐賀玉林寺住持の一庭融頓が当寺住持を兼ね、1619年(元和5年)より玉林寺の末寺となる。

1626年(寛永3年)に現在地に移った。1642年(寛永19年)には一庭が将軍徳川家光、さらに明正天皇への拝謁を許され、この時に天皇より現在の山号寺号を下賜された。

境内には歴代長崎奉行で在任中に長崎で没した者のうち4名を始め、唐通事の林家・宮梅家、長崎町年寄の高木家・薬師寺家の代々、シーボルトの娘楠本イネの墓がある。修行道場として僧堂を設置している。

文化財等[編集]

長崎県指定有形文化財
  • 山門
  • 仁王門 - 1680年(延宝8年)建築と伝えられており、長崎県内に現存する社寺の門としては最古とされる。
  • 大仏殿
長崎市指定有形文化財

アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]