春原五百枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

春原 五百枝(はるはら の いおえ、天平宝字4年(760年) - 天長6年12月19日[1]830年1月17日))は、平安時代初期の公卿。当初五百枝王を名乗るが、春原朝臣姓を賜与され臣籍降下志貴皇子の玄孫[2]摂津大夫市原王の子。官位正三位参議

経歴[編集]

母が光仁天皇の皇女・能登内親王であったことから、天応元年(781年)に皇孫(二世王)としての蔭位を受け、同母姉妹の五百井女王とともに無位から従四位下に直叙され、侍従に任官する。翌天応2年(782年右兵衛督に任ぜられ、延暦3年(784年)には従四位上に昇叙される。しかし、延暦4年(785年)に藤原種継暗殺事件に巻き込まれて伊予国への流罪に処される。

延暦21年(802年)伊予国の国府周辺に居住することを許され、延暦24年(805年)20年ぶりに赦免され帰京する。延暦25年(806年)3月の桓武天皇崩御直前に本位(従四位上)に、4月には二世王に復すが、まもなく臣籍降下上表して許され、春原朝臣姓を賜与される。平城朝では武蔵守を務める。

嵯峨朝に入り、大同5年(810年薬子の変終結後に讃岐守に任ぜられると、翌弘仁2年(811年正四位下宮内卿に叙任され、弘仁3年(812年)には従三位へと叙せられ公卿に列す。のち、弘仁5年(814年)右兵衛督、弘仁8年(817年右衛門督と武官を歴任し、弘仁10年(819年参議に昇進する。弘仁11年(820年治部卿を兼ねる。

淳和朝では議政官として刑部卿右京大夫民部卿中務卿を兼任し、天長5年(828年正三位に至る。天長6年12月(830年1月)19日[1]薨去享年70。最終官位は参議中務卿正三位兼美濃守。

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本紀略』による。『公卿補任』では2月15日とする。
  2. ^ 本朝皇胤紹運録』、『公卿補任』、『続群書類従』巻第172所収「春原系図」では、志貴皇子-春日王-安貴王-市原王-五百枝王、と繋げる。しかし『新撰姓氏録』(左京皇別)では春原氏(春原朝臣)を川島皇子の後裔とする。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『公卿補任』
  4. ^ 「春原系図」(『続群書類従』巻第172所収)
  5. ^ 『祠官系図』無窮会文庫蔵,藤森

参考文献[編集]