藤森神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤森神社
Fujinomori Shrine honden.jpg
本殿
所在地 京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
位置 北緯34度57分04.9秒
東経135度46分18.1秒
座標: 北緯34度57分04.9秒 東経135度46分18.1秒
主祭神 素盞嗚命
社格 旧府社
創建 神功皇后摂政3年(203年?)
本殿の様式 切妻造檜皮葺
例祭 5月5日(藤森祭)
主な神事 駈馬神事(5月5日)
テンプレートを表示
西門
拝殿

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は、京都府京都市伏見区に鎮座する神社である。旧社格府社

5月5日に行われる駈馬神事や、菖蒲節句の発祥地として名高い。6月から7月にかけて紫陽花苑が公開され、3,500株にもおよぶ紫陽花が見もの。

祭神[編集]

本殿(中座)に主祭神である素盞嗚命と、別雷命日本武命応神天皇神功皇后武内宿禰仁徳天皇を祀り、東殿(東座)に天武天皇と崇道尽敬皇帝(舎人親王)を、西殿(西座)に崇道天皇(早良親王)と伊予親王井上内親王を祀る。本殿の祭神は神功皇后による三韓征伐にまつわる神、東殿に周辺地域一帯の「地主神」と考えられる神、西殿に怨霊や厄神を宥めるための御霊神が祭られている[1]

また当社は藤森天王社ともいわれ、御霊信仰に基づく神社でもあるが、これは祭神の早良親王が延暦4年(785年)の藤原種継暗殺事件に連座し、廃太子され早世したことによる[2][3]

祭神が多いのは、元々深草郷にあった真幡寸(まはたき)神社、藤尾社、塚本社などの諸社を中世に合祀したためと考えられている[4]

歴史[編集]

創建年代や祭神には諸説ある。社伝では、神功皇后摂政3年(203年)、三韓征伐から凱旋した神功皇后が、山城国・深草の里の藤森に纛旗(とうき、いくさ旗)を立て、兵具を納め、塚を作り、祭祀を行ったのが当社の発祥であるとしている。当初の祭神は、現在本殿に祀られる7座であった。藤森の地は現在の伏見稲荷大社の社地であったが、その地に稲荷神が祀られることになったため当社は現在地に遷座したと言われている。そのため、伏見稲荷大社周辺の住民は現在でも当社の氏子である。なお、現在地は元は真幡寸神社(現・城南宮)の社地であり、この際に真幡寸神社も現在地に遷座した。

本殿は東・中・西殿の三座から成る。

東殿は、天平宝字3年(759年)に藤尾の地に崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀る神社として創建されたもので、元は藤尾社と称していた。永享10年(1438年)に当社に合祀された。

中殿は正徳2年(1712年)に中御門天皇より下賜された宮中内侍所であり、現存する賢所としては最も古い[5]

西殿は、延暦19年(800年)に早良親王を祀る神社として塚本の地に創建され、文明2年(1470年)に当社に合祀された。早良親王は生前当社を崇敬していた。陸奥で反乱が起こったとき、早良親王は征討将軍となり当社に詣でて戦勝を祈願した。その出陣の日が5月5日で、これが現在の駆馬神事の元である。

本殿の左右後方にそれぞれ末社の八幡宮、大将軍社の社殿があるが、永享10年(1438年)の建築当時はは本殿と並んで一列に建っていたと見られている[5]

吉田兼倶の「藤森社縁起[2]、あるいは『拾遺都名所図会』巻五[6]等によると、光仁天皇天応元年(781年)、に異国の蒙古が日本へ攻め寄せ、早良親王が大将軍となり率いた軍勢がこれを退けた[2][6]が、その際当社に祈願したことより当社に弓兵政所の異名がつき[2]、また境内にある蒙古塚は、この時の蒙古軍の大将の首を埋めたものと伝わる[6]

拝殿のそばに「むらさきの 雲とぞよそに 見えつるは 木高き藤の 森にぞありける」という待宵の小侍従作の歌碑があり、古にの叢林があったと思われる[5]

神事[編集]

5月5日に「藤森祭」、別名「深草祭」が行われる。武者人形を飾る菖蒲の節句の発祥の祭とされている。祭りの模様は『都名所図会』にも見られる[7]。この祭りは鎌倉時代末期の14世紀前半には行われていた記録がある由緒あるもので、当時から武者行列が有名であった[8]

  • 神幸祭(しんこうさい) 「宮本下ノ郷」「深草郷」「東東福寺郷」の3基の神輿が氏子地区を渡る
  • 武者行列 「朝渡(あさわたり、早良親王の軍装)」「皇馬(こんま、清和天皇の軍装)」「七福神」「払殿(ほって、神功皇后)」の4種の行列が、3基の神輿とともに氏子地区を巡る。
  • 駆馬神事(かけうましんじ) 乗り手は馬を駆りながらさまざまな技を披露する。現在も残る技には「藤下り」「手綱潜り」「逆立ち」「横乗り」「一字書き」「矢払い」「逆乗り」がある[9]

なお神輿の巡幸において隣の伏見稲荷大社の境内の表参道にある藤尾社に渡御してここで神事が執り行われるが、理由は藤尾社の位置が藤森神社が現在の地に移る前に鎮座していた場所であったためとされる[10]。 

文化財[編集]

重要文化財
  • 境内社八幡宮本殿 - 室町時代。大将軍社とともに、室町幕府第6代将軍足利義教が造営したものという。
  • 境内社大将軍社社殿 - 室町時代
  • 木造狛犬 一対 - 平安時代。京都国立博物館預託[11]
  • 紫糸威鎧 大袖付(附:阿古陀形二十八間筋兜、大立挙臑当残欠)

特色[編集]

駆馬や菖蒲→尚武・勝負の連想、武神が多く祀られていること、また明治時代から第二次世界大戦終了まで周辺が軍用地であったことから、馬と武運の神社として信仰を集めた。現在は馬と勝負事の神社として知られており、競馬関係者・ファンの信仰を集めており、競走馬絵馬が多数奉納されている。また舎人親王を祀ることから学問、特に受験での勝運をもたらす神社とされる。神社の森は東隣にある京都教育大学の豊かな樹木群に連なっており、一体化した森のようになっている。

藤森神社の氏子の居住範囲は藤森神社周辺から北側へ、伏見稲荷大社周辺を含みJR京都駅近くまで広がっている[12]。このため伏見稲荷の氏子が多く居住するのは本体の稲荷社の周辺ではなく京都駅より西のJRの南北の区域となっており、この点に関して「もともと藤森神社があった土地に後から伏見稲荷が来た」という内容の説が多数残っており、上記神輿の伏見稲荷境内への巡幸もこの説を根拠の一つとなっている[13]

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 『創祀千八百年 藤森神社』藤森神社 2007年
  • 西野由紀・鈴木康久『京都鴨川探訪』人文書院 2011年
  • 平凡社編『京都・山城寺院神社大辞典』1997年
  • 本田健一 『京都の神社と祭り 専念都市における歴史と空間』中公新書 2345 2015年 ISBN978-4-12-102345-2

脚注[編集]

  1. ^ 「京都の神社と祭り」p132
  2. ^ a b c d 角川日本地名大辞典 巻26 京都府上巻 p.1241
  3. ^ 三代実録
  4. ^ 「京都・山城寺院神社大辞典」p587
  5. ^ a b c 山上伊豆母『古代神道の本質』 法政大学出版局 1989年、ISBN 4588306014 pp.234-239.
  6. ^ a b c 京都市Webサイト : 蒙古塚
  7. ^ 『京都鴨川探訪』
  8. ^ 「京都の神社と祭り」p134-135
  9. ^ 『創祀千八百年 藤森神社』
  10. ^ 「京都の神社と祭り」p134-135
  11. ^ http://www.fujinomorijinjya.or.jp/oyasiro.html
  12. ^ 「京都の神社と祭り」p4
  13. ^ 「京都の神社と祭り」p130-134

外部リンク[編集]