明楽茂正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明楽 茂正(あけら もせい[1]、八五郎、大隅守、生年不詳 - 嘉永6年6月13日1853年7月18日))は、江戸幕府旗本御庭番明楽家分家の3代目。父は勘定奉行を務めた明楽茂村

略歴[編集]

両番格御庭番[2]として遠国御用[3]を務める。一度目は同じく両番格御庭番の村垣専次郎とともに文政元年(1818年)正月に上方筋へ、同年5月に浦賀表へ出向く。文政9年(1826年)の6月には小十人格御庭番[2]川村庄五郎とともに上方筋へ派遣され、三度目の遠国御用を務めたという記録が残されている[4]

文政10年(1827年)12月27日、西丸膳奉行に就任[5]天保8年(1837年)4月2日に本丸膳奉行に、翌9年(1838年)11月25日に広敷用人となる[5]。広敷用人在職中に大隅守を名乗る[6]。天保12年(1841年)4月に明楽家(800石)の家督を継ぐ[6]。同年5月20日に西丸広敷用人を務め、翌13年(1842年)8月24日に禁裏附に就任[5]。嘉永2年(1849年)正月20日、京都東町奉行となり[5][7]、嘉永3年(1850年)8月24日に小普請奉行[5]、翌4年(1851年)12月20日に普請奉行に就任する[5]。嘉永6年(1853年)6月13日に死去[5]

脚注[編集]

  1. ^ 名前の読み仮名は『寛政譜以降旗本家百科事典』第1巻、P49より
  2. ^ a b 御庭番家筋の者が、御目見以上の役職や布衣以上の役職に就任した場合、その嫡子が就く役職。
  3. ^ 変装し、身分を隠して諸国の探索を行う任務。
  4. ^ 『江戸城御庭番』(深井雅海著)P70
  5. ^ a b c d e f g 『寛政譜以降旗本家百科事典』第1巻、P49。
  6. ^ a b 『江戸城御庭番』P207。
  7. ^ 『国史大辞典』4巻 P355。京都町奉行一覧より。

参考文献[編集]