小川恭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 恭一(おがわ きょういち、1925年 - 2007年9月25日)は、歴史家、事典編纂者。

経歴[編集]

東京府生まれ。慶應義塾大学卒業。 1943年、慶應義塾大学在学中に、教授奥野信太郎の紹介で三田村鳶魚に師事、徳川幕府関係の記録を譲り受け、帝国図書館に勤務、戦後は会社員。1980年代より研究を再開、徳川幕府制度の実態を明らかにする。

著書[編集]

  • 大名概要 城主大名の特権 日本古城友の会 1991.11 (研究紀要)
  • お旗本の家計事情と暮らしの知恵 つくばね舎 1999.7
  • 江戸の旗本事典 歴史・時代小説ファン必携 講談社文庫 2003.9
  • 徳川幕府の昇進制度 寛政十年末旗本昇進表 岩田書院 2006.10
  • 江戸城のトイレ、将軍のおまる 小川恭一翁柳営談 講談社 2007.10

編著[編集]

  • 江戸幕府旗本人名事典 全4巻別巻1 原書房 1989―90
  • 江戸幕藩大名家事典 原書房 1992
  • 寛政譜以降旗本家百科事典 全6巻 東洋書林 1997―98