明智光慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明智 光慶(あけち みつよし、永禄12年(1569年) - 天正10年6月15日1582年7月4日))は、安土桃山時代武将。通称は十五郎。明智光秀の長男。母は煕子

出自は清和源氏摂津源氏美濃源氏土岐氏支流である明智氏

実在は確認されているが光慶が歴史に記されるのは、光秀による丹波国亀山城京都府亀岡市)の築城前後であり、目立った戦功や功績は明らかではない。

イエズス会の記録には、「ヨーロッパの王子のような優美な人」と記されている。また、天正10年5月28日に催された光秀主催の西之坊威徳院連歌(愛宕百韻)において、光慶が結句を詠んだ愛宕結句で知られる。

本能寺の変では、亀山城に在城しており、続く二条御所騒動で織田信忠が死去すると、近江国坂本城滋賀県大津市)に移り西国防備にあたった。しかし、山崎の戦いで父光秀が敗走中に討たれると、中川清秀高山右近らの攻撃を持ち堪える事が出来ず満14歳で自害した(最期の地は亀山城との史料もある)。

なお、妙心寺の住職となった僧の玄琳や、光秀の唯一の肖像画がある和泉国の本徳寺を開山した僧の南国梵桂は光秀の子といわれ、系図に他に相当する男子がいないことから、光慶が生存して出家し僧になったのではないかとする説もあるが、信憑性はない。

関連項目[編集]