明智光慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
明智光慶 / 明智十五郎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳、一説に永禄12年(1569年[1]
死没 天正10年6月15日1582年7月4日
または6月2日6月21日[2][生存説あり]
別名 通称:十五郎(異説に十兵衛)
主君 明智光秀
氏族 明智氏(惟任氏)
父母 父:明智光秀、母:妻木煕子
兄弟 諸説あり:
光慶細川忠興正室)
詳細は光秀の子女を参照

明智 光慶(あけち みつよし)は、安土桃山時代武将明智光秀の長男。母は煕子通称十五郎(異説に十兵衛)。

略歴[編集]

異説が多く謎に包まれている光秀の家族のなかで、十五郎は考証的に実在を推認できる男児で、光秀の書状など史料に表記がある[3][4]。通説では十五郎を光慶のこととするが、光慶は『明智軍記』に登場する名前であり、同記では名を十兵衛光慶とすることから、光慶の諱も正しくないとの説もある。

光慶が歴史に登場するのは、光秀による丹波国亀山城京都府亀岡市)の築城前後であり、初陣の記録もなく[5]、目立った活動や功績は明らかではない。天正10年5月28日に催された光秀主催の西之坊威徳院連歌(愛宕百韻)において、光慶の名が見られ、これは光慶が結句を詠んだことになっている。

本能寺の変の前後の行動は2説があり、亀山城に在城していて変の一報を聞き、父の無道を嘆いてその場で悶死(病死)したとする説[2][6][7]。変の前から近江国坂本城滋賀県大津市)にいて、山崎の戦いで父光秀が敗走中に討たれると、帰還した明智秀満が守る坂本城は中川清秀高山右近らの攻撃を受けて、落城の際に他の一族と共に自害したとする説がある[7][8]

なお、光慶には生存説があり、妙心寺の住職となった僧の玄琳が光慶であるという説や、光秀の唯一の肖像画がある和泉国の本徳寺を開山した僧の南国梵桂が光秀の子といわれるが、系図に他に相当する男子がいないことから、光慶が生存して出家し僧になったのではないかとする説もあるが、それぞれ特に信憑性はない。また千葉県市原市不入斗に明智光秀側室の墓と伝わるものがあるが、そこにも上総に脱出したとする十五郎の名がある。この墓は光秀の子孫と主張する一族に管理され、歴代の墓石には桔梗紋が刻まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正確には生年不詳で、(下記の俗説を元にした)享年14からの逆算しただけで、あくまで一説に過ぎず。
  2. ^ a b 熊田 1908, p.83
  3. ^ 小和田 2014, p.144
  4. ^ 『明智系図』には名前がないが、同書は他の文献と整合性がなく、信憑性が低いと考えられている。
  5. ^ 小林正信 『織田・徳川同盟と王権 : 明智光秀の乱をめぐって』 岩田書院、2005年ISBN 4872943708 
  6. ^ 中岡 1919, p.8
  7. ^ a b 小和田 2014, p.154
  8. ^ ルイス・フロイスの手紙にある坂本城落城の際に亡くなった明智の二子の1人を光慶とする説である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]